2020年(令和2年) 二黒土星の運勢と吉方位 お水取り

カテゴリ
タグ

 

ここでは、九星気学で見る2020年(令和2年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

 

引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は福岡占いの館「宝琉館」の直接鑑定や電話鑑定、ネット鑑定だけでなく、「天地人の運勢鑑定」 「福岡占いの館『宝琉館』吉方取り GO!」 でも鑑定を受けることもできます。

 

 

第2回目は二黒土星の人の2020年(令和2年)の運勢です。

二黒土星の人は大正6年生まれ、昭和元年生まれ、昭和10年生まれ、昭和19年生まれ、昭和28年生まれ、昭和37年生まれ、昭和46年生まれ、昭和55年生まれ、平成3年生まれ、平成10年生まれ、平成19年生まれの人、平成28年生まれの人が該当します。ただし、それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人となります。
 

2020年(令和2年) 二黒土星の運勢

【今年の総合運(ツキを呼び込むポイント】

●今年はツキが最低の本厄年です。濁流が渦巻き、何もかもが冴えず、真冬の暗黒の海の中で放浪するような状態。人生の辛い孤独の時であり、スランプ、心の悩み、金銭トラブル、事故、ケガ、病気、色恋沙汰のトラブルなどの暗示ばかりがあります。真っ暗な闇夜に灯火一つもなく手探りで歩いている暗中模索の時で、先がまったく見えません。厳寒の冬のような年ですが、寒さに耐え忍んで乗り越えれば、やがて希望の春が巡ってきます。「受け身」に徹して堪え忍び、春の到来をひたすら待つ時。今年は勉学のチャンスです。しっかりと実力がつくでしょう。

 

●「冬来たりなば、春遠からじ」。ツキが最低だからといって決して自暴自棄になってはいけません。死んだふりをしても虎視眈々と実力を備える時です。前途が見えない時、人は心の弱さから動き回ることで活路を見出そうとしますが、ツキがない時には自縄自縛になりやすく、あせって墓穴を掘ることになりかねません。

 

●この年を無難に過ごすことができる人は、しっかりした実力や良い知人・友人をお持ちの方です。大病を患ったり、事業につまずくこともなく、平然と厄年を過ごす人も少なくありません。ツキを落とす人がいる一方で、無難に過ごす人もいます。むしろ、あらゆる条件が整って、慎重に事に当たり、入念に準備して独立、転職、転居などが可能な人もいます。この違いはどこにあるのかと言えば、日ごろの心構えや陰徳積み、人脈、情報収集能力、生き方(悲壮感よりも楽天的な心の余裕を持つ)、その人自身の土台がしっかりしているかどうかにかかっています。

 

●天から人生のテストに臨み、試されている時です。邪道から活路を見出そうとせず、このような時こそ、正攻法で自分磨きをする時です。学問、資格取得、習い事、研究を通して将来に備えるには絶好のチャンスの時です。外的にツキがない運気の時は内面を充実して心磨きをしてピンチをチャンスに転じる準備を進めることです。人生、最も苦しい時期に出会う書物、人生の転機となる「人生の師」との出会いがこの時期にできれば、ひとまず、よしとすべきです。黙々と努力を続け、普段はできない勉強や訓練、研究を行っていけば、必ず、将来、役立ち、大きく実 を結びます。

 

【今年の仕事運】

 

 

●昨年、どれぐらい影で努力してきたかで波乱の度合いが変わってきます。サラリーマンやOLであれば、誰からも無視されたり、認められない不利な立場に立たされたり、派閥の権力闘争の渦中に巻き込まれたり、上司や部下や幹部同士の板挟みになって苦しむ中間管理職の状態です。引くに引けない、出るに出られない苦境に立たせられたりします。学校でも職場でも、また家庭でも悩みが尽きない時。周囲や他人が自分自身を無視したり、完全に否定される事態が重なり、心を開いて相談する相手も得にくい孤独の時です。こういう時こそ、その人の底力(真価)が試される時であり、投げやりにならず、「天のテスト期間」を合格点で通過して下さい。

 

●予定している融資の話の詰めが甘くなったり、契約内容の確認が杜撰(ずさん)になったり、何かと手違いやミスを犯す可能性が高い時ですので、念には念を入れて仕事上のミスがないように努力していください。

 

【今年の金銭運】

金運は最低の時。自分の心の弱さ、魔が差して、甘い言葉で付け込んでくる人が寄ってくることがあります。力になってくれるようなことを言って近づき、儲け話でなけなしの貯金まで根こそぎ持っていかれるようなことになりかねません。くれぐれも詐欺や悪徳商法に引っかからないようにすることです。身ぐるみを剥がされないためには、投機的な話や博打的な話には絶対に乗らないことです。

 

今年の恋愛・結婚・異性運】

 

人に公表できないような秘密の付き合いをして裏切られたり、こじれにこじれてズブズブに泥沼化することも大いに予想されます。昨年に発覚した不倫や三角関係が原因で最終的に別れることも起こります。男女問題にはいつも以上に気をつけなければなりません。健康にも細心の注意を払いましょう。

 

※ご本人の生年月日から見た本格的な恋愛結婚運や本格的な相性占いであれば、福岡占いの館「宝琉館」で直接鑑定をお申し込み下さい。ご本人の開運ポイントが詳細なオリジナル鑑定を通してしっかり理解できます。

 

【二黒土星の人の適職】

土を扱う業種・農業関係・土を加工したり建物を扱う業種・不動産関係・土建業・大衆的な娯楽を扱う業種・ゲーム業界・公務員などの保守的な仕事・メモリアル関係・雑貨商・陶磁器業・内科医

【二黒土星の適職開運ポイント】

努力と忍耐力は人一倍あるので、幅広い職業で活躍できます。対人関係では細やかな配慮と面倒見のよさで、事業的にもプラスに作用します。中心的な存在より補佐役の方が生き方に合っているようです。ただし、環境的な条件が整えば別です。全般的に辛抱強さがあるので、成功の可能性は高いでしょう。何事にも無理をしない生き方には安定感があります。損失防止にもつながっています。温厚な人柄は認められ評価されるでしょう。根は働き者のタイプなので、忙しいほど本領を発揮できるでしょう。

※ご本人の生年月日から見た本格的な仕事運・転職運・適職運であれば、福岡占いの館「宝琉館」の直接鑑定をお申し込み下さい。ご本人の開運ポイントがオリジナル鑑定書を通してしっかり理解できます。

 

 

【今年の二黒土星の吉方と凶方】

北東=吉、西=吉、北=凶、南東=凶、南西=凶、南=凶、北西=凶

※これは非常に大まかな吉方と凶方です。その年の吉方だけで引っ越しや移転、旅行などを決めると失敗します。

 

 

吉方と凶方はその人の生年月日によって月ごとや日ごとで細かく変化しますので、引っ越しや移転、吉方取り(お水取り)などの吉方や日取りは福岡占いの館「宝琉館」での直接鑑定を受けることをお勧めします
 

 

【二黒土星の人のツキを呼び込むパワーストーン】

 

トパーズ(消極性を払しょくし繁栄、名誉運アップ)、パール(純潔を象徴し、感情を穏和に丸くする)、ガーネット(心と血液を浄化する作用がある)、メノウ(瑪瑙=家庭のトラブル未然防止や対人関係の改善強化)、ガーデンクォーツ(心身の癒しとヒーリング効果)、タイガーアイ(新規事業成功と金運アップ)。

 

【二黒土星の象意=地(坤)=南西】

 

大地のような広々とゆったりしたもの、すべてを包容する母性的なもの。「根気」「質素」「従順」を意味。古い習慣、気苦労、掃除、労働、まじめ、世話をする、継続、大衆的。平ら、安い。人では母親、黙々と働く平社員、従順でおとなしい人、従業員、妻、大衆、労働者、農夫。場所では農村、田舎、平地、牧草地、仕事場、物置、倉庫。

※ご本人の生年月日から見た本格的な恋愛結婚運や本格的な相性占いであれば、福岡占いの館「宝琉館」の直接鑑定をお申し込み下さい。ご本人の開運ポイントが詳細なオリジナル鑑定書を通してしっかり理解できます。

 

【全国各地の開運パワースポット・スピリチュアルスポット一覧】
 

※自分の住んでいる所から吉方取りをして大いなる開運気をとりこんでください。ただし、生年月日や家系的な影響によって開運する場所が違います。本人にとっての開運パワースポットは特別な選定作業が必要です。あくまで以下は一部の代表的スポットです。↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

◆北海道神宮(札幌市宮ヶ丘) 北海道開拓の神が祭られている
◆岩木山神社(青森県中津軽郡岩木町) 山の守護神が祭られ、拝殿、桜門は国宝に指定
◆出羽三山月山神社(山形県東田川郡山上) 修験道の霊場で東北有数の祭場
◆都都古別(つつこわけ)神社(福島県東白川郡) 日本武尊と都々古和気神を祭る
◆千勝神社(茨城県稲敷郡茎崎町) 猿田彦大神を祭り、家内安全と商売繁盛を祈願
◆笠間稲荷神社(茨城県笠間市) 孝徳天皇の時代に創設され、笠間城守の祈願社になる
◆氷川神社(埼玉県さいたま市高鼻町) 反賊討伐の祈願神社として武将の崇拝が厚い
◆三峯神社(埼玉県秩父郡大滝村) 俗塵を離れた修行者の霊場である仙境
◆日枝神社(東京都千代田区永田町) 江戸城の鎮守と定められ、将軍、諸大名が参拝
◆明治神宮(東京都渋谷区代々木) 改めて言うまでもなく国民敬慕の最高峰
◆寒川神社(神奈川県高座郡寒川町) 相模の一宮として著名
◆弥彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村) 霊山として仰がれ、耕作、大漁、製塩の守護神
◆高瀬神社(富山県東砺波郡井波町) 主祭神は大国主神で越中国の発展の守護神
◆諏訪大社(長野県諏訪市) 信濃の国神を祭り、全国に諏訪神を祭る神社が多い
◆熱田神宮(名古屋市熱田区新宮坂町) 日本武尊と草薙剣を祭る東海の大社
◆水無神社(岐阜県大野郡宮村) 飛騨の国の守護神と言われ「水無さん」で親しまれる
◆椿大神社(三重県鈴鹿市山本町) 入道獄の麓に神座し、神山と呼ばれ、霊地で有名
◆伊勢皇大神宮(三重県伊勢市五十鈴) 天照大神を祭る全国の至上神社
◆伏見稲荷神社(京都市伏見区稲荷) 商売繁盛の神として多種の商売人から崇拝大
◆春日大社(奈良県春日町) 藤原氏の氏神で奈良の著名な観光地の一つ
◆住吉大社(大阪市住吉区住吉町) 航海守護、商売繁盛の神として有名
◆天満宮(大阪市北区大工町) 天神様として広く親しまれ、菅原道真公を祭って有名
◆厳島神社(広島県佐伯郡宮島) 世界遺産で輝かしい社歴があり、社殿の大半が国宝
◆出雲大社(島根県出雲市大社町) 大国主命を祭る日本最古の神社で国作り、縁結び
◆金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町) 「こんぴら様」の名で親しまれ、参拝者多い
◆宗像大社(福岡県宗像市) 社歴は神代に遡り、辺津宮、中津宮、奥津宮の三神束ねる
◆祐徳稲荷大社(佐賀県鹿島市古枝) 九州第一の稲荷信仰として知られる
◆高千穂宮(宮崎県西臼杵郡高千穂町) 天孫ニニギノ大社を主祭神にする神社で崇敬大

方位に関しては、あくまで基本的な年盤からのみの吉方を示しています。その人の生年月日で吉方は大きく変わっていきますので、生まれた年だけでの判断は非常に大まかなものです。引っ越しや吉方取りなどのご相談は個別で福岡占いの館「宝琉館」の直接鑑定で相談されることをお薦めします。実際に実践した方々から「効果が上がった」との喜びの声が増えています。音譜

4月7日、政府は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県で緊急事態宣言を発令しました。福岡県も緊急事態宣言に含まれています。

爆発的な感染拡大や医療の崩壊を防ぐには、外出自粛などの要請を徹底する必要があるとの判断ですので、期間は5月6日までとする政府方針のため、4月8日から5月6日までは天神店はオンライン中心に切り替えます。直接鑑定も依頼内容によっては限定的に行うことが可能です。

電話鑑定やメール鑑定は引き続き、継続して行っていますので、直接鑑定でなくても良いお客様は電話鑑定やメール鑑定をご依頼下さい。

電話での問い合わせ、ご依頼は

天神店 092-724-7724

ネットでの問い合わせ・申し込み

日ごろ、開運鑑定のご利用者の皆様には多大なご迷惑をおかけしますが、国難有事の時ですので、ご理解の程、ご容赦下さい。

なお、どうしても鑑定を受けたい人(期限の迫った赤ちゃんの名づけ、引っ越し相談、転職相談など)のために、平日の限られた時間(午前11時~午後5時前後)のみ、鑑定士はいますので、電話や問い合わせフォームからご連絡下さい。

個別で対応していきます。

 

福岡占いの館「宝琉館」は、お客様とスタッフの健康と安全を第一に考え、新型コロナウイルス予防対策実施中です。

■手洗い・消毒(手洗い・アルコール消毒の徹底をしています)

■定期的な換気(数時間ごとに換気を行い、空気を入れ換えています)

■マスクの着用(お客様とスタッフの健康と安全を考慮し、大切なメッセージを言葉で説明する必要がある時以外は予防のためにマスクを着用しています)

ご来館のお客様におかれましては、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いします。

福岡占いの館「宝琉館」天神店では、4月に入り、その人にとっての開運ポイントを恋愛結婚運、仕事運、転職運、人間関係、相性などの観点から分かりやすくオンライン鑑定しています。

新型コロナウイルスへの衛生対策をしっかり整え、元気に4月中・下旬を迎えていきましょう。

鑑定内容は以下(申し込み予約から予約すると鑑定までスムーズです)。

先日、満開の桜の木に春の野鳥であるヒヨドリが桜の花を突きながら戯れていました。

コロナ騒ぎで大変な中、なんとも不思議に癒される一時。動画で撮影してみました。

天地自然の美しさは、一つ一つに込められていますね。

ご来館される方々は、次のような悩みや知りたい内容が多いので、ご紹介しておきます。

★自分の適職が何か知りたい(自分の天命を知りたい)

☆いま、就職している会社に勤務し続けた方がよいか

★転職に最適な時期はいつぐらいか(第二の人生スタートの時期を知りたい)

☆恋愛結婚の時期を知りたい(良縁に恵まれる時期と理想の異性を知りたい)

★同性、異性との相性を知りたい(異性との相性詳細や人間関係を知りたい)

☆引っ越しの時期と方位を知りたい(吉方鑑定)

★吉方位旅行や引っ越しの方位を知りたい(パワースポットを含め、吉方旅行や引っ越しで開運したい)

※福岡占いの館「宝琉館」天神店では、お客様の開運ポイントを鑑定し、アドバイスしていきます。ご来館下さい。

各曜日の開運担当先生】

4月20日(日)、21日(月) 深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)先生 オンライン鑑定が中心、直接鑑定も可(電話での問い合わせ可)

4月21日(火) 吉方位妹甫(きっぽうい・まいほ)先生 (午前11時~午後5時)電話鑑定、直接鑑定も可

4月22日(水) 吉方位妹甫(きっぽうい・まいほ)先生 (午前11時~午後5時)電話鑑定、直接鑑定も可

4月23日(木) 五行禮子(ごぎょう・のりこ)先生 (午後1時~午後5時) 電話鑑定、直接鑑定も可

4月24日(金) 五行禮子(ごぎょう・のりこ)先生 (午後1時~午後5時) 電話鑑定、直接鑑定も可

4月25日(土) 吉方位妹甫(きっぽうい・まいほ)先生 (午前11時~午後5時) 電話鑑定、直接鑑定も可

 

占いスクールも開講しています!】

基礎から占いを学びたい方は週1回程度から月2回ぐらいのペースで占いの基礎から実占までを学ぶことができます。関心のある方は宝琉館のホームページにある占いスクールのページをご一読下さい。関心のある方、通学したい方はお問い合わせ下さい。

【2020年4月下旬からの本格的な運勢を占う福岡・六本松での開運鑑定会】

福岡占いの館「宝琉館」六本松本館では、2020年4月下旬からの本格的な運勢(恋愛、結婚、仕事、引っ越し、人事異動などの運勢)を見る開運鑑定会をオンライン中心に行っています。

宝琉館六本松本館(ネットや電話で要予約)で、その人にとっての開運ポイントを恋愛結婚運、仕事運、転職運、人間関係、相性などの観点から分かりやすく鑑定していきます。

鑑定内容は以下(申し込み予約から予約すると鑑定までスムーズです)。

★自分の適職が何か知りたい。(自分の天命を知りたい)
☆いま、就職している会社に勤務し続けた方がよいか。
★転職に最適な時期はいつぐらいか。(第二の人生スタートの時期を知りたい)
☆恋愛結婚の時期を知りたい(良縁に恵まれる時期と理想の異性を知りたい)。
★同性、異性との相性を知りたい。(異性との相性詳細や人間関係を知りたい)
☆引っ越しの時期と方位を知りたい。(吉方鑑定)
★吉方位旅行や引っ越しの方位を知りたい。(パワースポットを含め、吉方旅行や引っ越しで開運したい)

福岡 占いの館
宝琉館
http://houryu-kan.com/


天神店
〒810-0001 福岡市中央区天神3-1-13 浦島ビル601
TEL:092-724-7724

六本松本館
〒810-0044 福岡県福岡市中央区六本松4-9-35-403
TEL:092-771-8867

お問い合わせ・お申し込みはこちら