各種占いについて

「ご依頼内容」によって用いる占いが異なります。それは「命・卜・相・医・山」と五術があることからも分かります。
ここでは鑑定に用いるいろいろな占いをご紹介いたします。

  • 福岡で対面鑑定を行なう占いの館「宝琉館」の姉妹サイト「 天地人の運勢鑑定」のネット占いのページもご紹介しております。
    ネットでの鑑定をご希望の方はこちらが便利です。

東洋占術をメインにオールラウンド

四柱推命 … 古来より定評

生年、月、日、時の4つの柱から導き出される様々な星の組み合わせによって、人の宿命や運勢を推し測ろうという中国発祥の代表的な占術です。年・月・日・時の各干支(えと)八字を並べて四つの柱として「命式」を作り、その命式から個人の運命の吉凶、禍福(かふく)、成敗、貴賤、貧富など一生の運命を推し量ります。南宋の徐居易(徐子平)が最初に体系化し、中国で八字(パーヅ=十干十二支の八字で表現)や子平(ズーピン)と呼ばれ、「命理」「四柱八字」とも言われます。
生まれた時間の十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)、十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)という一見シンプルな素材を使いながらも、その判断は大変複雑といわれる本格派好みの占術です。

主な鑑定分野
  • 適職・天職、転職…生まれ持つ仕事運や転職の時期、適職に関すること。
  • 恋愛運、結婚運…異性との出会いの時期、恋人や夫婦の関係に関すること。
  • 金運・財運…これからの金運、財運の変化。金運上昇に必要なポイント。
  • 性格特性…その人の持つ気づかない天賦の才能や個性について。
  • 男女の相性・人間関係の相性…相性の良し悪しと対処法。
  • 人生全般の運勢、年毎の運勢、大運(10年ごとの運勢)…大局的な動きを大きな運勢のバイオリズムの中で俯瞰(ふかん)して見る。

詳しくは「天地人の運勢鑑定」サイト

九星気学風水 … 吉方位取り

易を母体として大自然のエネルギーと一定のリズム、宇宙の法則から創り上げられた生活に密着した方位術が九星気学風水です。九星気学は、気学・九星術・九星占い・方位学などとも呼ばれます。源流をたどると、古代中国の思想に端を発し、それが日本で独自に体系化された占術です。
大正末期に故・園田真次郎(易者名・荻野地角)(1876~1961)が新たに創意統合して「気学」と名づけて独自再構築し、発表。宇宙の気のエネルギーを方位学を使って積極的に取り込む開運法です。旅行や引っ越しで必要な吉方や時期を明示します。分かりやすく初心者でも習得しやすい上に、出生時刻が不明な場合でも生年月日さえ分かっていれば簡単に占えるため、鑑定の応用度には大変高いものがあります。
さらに方位や家相判断にも応用が利く便利な占術です。吉方に出かけていくことを「吉方取り」、「祐気(ゆうき)取り」と言い、その代表的なものに「お水取り」があります。国内旅行、海外旅行の時期や方位として利用すると、有益な気を取り込み、旅行後、徐々に運気がアップした効果が現れてきます。
事務所の移転、自宅の引っ越しなども同じ方法で日時、吉方位を選んでいきます。さらに奇門遁甲(きもんとんこう)から結婚式に良い日取り、妊娠と安産の方位、商談に良い日時、マイホーム建築の日時、縁作りに良い時期、試験合格の日時を正確に鑑定します。

主な鑑定分野
  • 開運旅行、引越し…いつ、どの方向に福岡から移動したらよいか。
  • お水取り(祐気取り)…いつ、どの方向に行えば良いか。
  • 各年の全体の運気や各月の吉方凶方…各年各月の吉凶方位を知る。
  • 家相…気学だけでなく中国風水から家相を鑑定する。
  • 結婚式に良い日取り…吉祥日が判明する。
  • 妊娠と安産の吉方…吉方が判明する。
  • マイホーム建築…吉祥の日時が判明する。
  • 縁作りに良い時期…吉祥日時が分かる。
  • 試験合格の日時…正確な日時が分かる。

詳しくは「天地人の運勢鑑定」サイト

姓名判断 … 画数が織り成す神秘

親から与えられた姓名がその後の運命を大きく左右することを姓名判断は示しています。日本の姓名判断は五運(天格、地格、人格、外格、総格)、三才五行(天格、地格、人格の五行バランス)などによって判断しています。
「名は体を表す」といいますが、名前の画数構成や音の組み合わせなどから、その名前の持ち主の個性や潜在的な能力および一生の運命を占う方法です。新生児の名付けや、成人の改名などにも応用できます。

主な鑑定分野
  • 姓名の吉凶による個性や特徴…姓名から特性を知る。
  • 改名すべきかどうか…凶名の場合、吉祥名に改名。
  • 赤ちゃんの名づけ…親の願いを込めた吉祥名をご提供。
  • 会社の屋号…吉祥名の会社名をご提供。

詳しくは「天地人の運勢鑑定」サイト

紫微斗推命 … 皇帝門外不出の命術

四柱推命と双璧をなす中国の代表的な命術で、紫微星(北極星)をリーダーとする北斗七星、南斗六星、中天斗星など100を超える星々の組み合わせの吉凶によって運命(数)をはかる(斗)、中国に広がった占いです。生年月日時を基に個人の性格から一生の運命までを読み取ろうとする中国版占星術です。
紫微(しび)とは北極星の別名で、この紫微星を中心に他の多くの星々を使い、個人の運命をはかる(斗かる)ことから紫微斗数と呼ばれています。大限(10年運)や小限(1年運)、事業運、部下運、財運、結婚運、家庭運、子供運などを総合的に判断していきます。
仕組みの分かりやすさと的中率の高さを兼ね備えているため、台湾では現在最もポピュラーな占いとして一般に広く普及しています。

主な鑑定分野
  • 夫妻宮(結婚運)で配偶者を見る…性格や結婚生活、問題点、夫婦関係はうまくいくか。
  • 官禄宮から出世運や仕事運を見る…能力を発揮できるか、上司との関係がうまくいくか。
  • 月の動き…人の内面や深層心理、潜在能力を浮き彫りにする。

詳しくは「天地人の運勢鑑定」サイト

27宿曜占術 … 弘法大師でも有名

27宿曜占星術のルーツは中東のバビロニア。四柱推命など東洋の占術と違い、生年月日を通し、独特のホロスコープ(占星術における各個人を占うための天体の配置図)を使う星占いです。
インド占星術をベースにした日本の占星術で、正確には「文殊」という宿曜経をいいます。月の周期を27の宿と宿道十二宮に分けて、月の状態によって人の性質や吉凶などを占います。その性質分析は、相性に効果を発揮します。
四柱推命など他の占術と違う魅力は、「三・九の秘法(相性の輪)」を使って毎日の生活に関わる「人との相性」(27×27=729通りの相性)を見たり、毎日の「日との相性」「日の吉凶」がとても的確に判断できることにあります。

主な鑑定分野
  • 月の運行から深層心理や感情を見る…感情、日頃は隠されている裏面を浮き彫りにする。
  • 対人関係を見ると絶大な効力を発揮…表面では分からない深層心理を読み解く。
  • 第一印象だけでは分からない性格の深い部分を見る…お付き合いしている人を見る。

詳しくは「天地人の運勢鑑定」サイト

易占 … これぞ東洋の古典哲学

易の基本は「変化する」ということです。易経は英語で「The Book of Changes」と呼ばれ、米国のオバマ大統領が強調する「チェンジ」と同様、人生の変化に醍醐味と波瀾万丈、冷静な判断力を必要とするチャレンジ精神が示唆されています。
人生の転機の時期、右に行くべきか、左に行くべきかで迷っていれば易占に問うことです。映画やTVドラマに出てくる占い師といえば、よく細い竹の束を使う易者です。筮竹(ぜいちく)やサイコロ、コインなどを用いて八卦(はっか)と呼ばれる基本シンボルを組み合わせ、「易経(えききょう)」という中国の古典に照らし合わせて解釈していきます。
だれでも簡単に習得できる分かりやすさと、内容的には底知れぬ奥深さを兼ね備えた占いです。易の思想哲学はあらゆる中国占術の根底に流れる根本思想でもあり、さらに人生の成功哲学としても大いに活用できる内容を秘めています。

主な鑑定分野
  • その人自身の仕事運がどうなるか(現在勤務している会社に勤め続けるとどうなるか)。
  • つき合っているカップルがどうなるか(相手や自分の気持ちがどういう状態で今後どうなるか)。
  • A、B、C、Dのうち、どれを選択することがベストなのか。
  • なくした物はどこにあるのか(失せ物占)。

詳しくは「天地人の運勢鑑定」サイト

手相 … 手相は人を象わす

日頃から見ている両手を鑑定するだけでだれでも分かりやすく説明できる点が特徴です。とくに女性には圧倒的に人気があり、男性でも適職(就職・転職・人事管理)を含め、運命学を理解する経営者や政治家、芸能人に圧倒的支持があります。
手相はその人の心模様であり、人生の縮図。手や爪の形やその色つや、手のひらに記されたさまざまな線や紋様の状態から、その人の性格、才能、愛情タイプ、仕事運、恋愛・結婚運、生活態度、健康状態などが分かります。
さらに来たるべき運命などを占う方法です。手のひらの線や紋様を重視する西洋手相術と、手全体を人相とも関連させながら家族の人間関係から見ていく中国手相術があります。

主な鑑定分野
  • その人の性格、才能、愛情タイプを知る。
  • 仕事運、適職運、転職の時期を見る。
  • 健康運や生活態度、精神状態などを見る。
  • 恋愛結婚運、親との関わりを見る。

詳しくは「天地人の運勢鑑定」サイト

天源占星術 … 家康の天下獲りに使用

生れた日から265日前の干支(えと)で性格、運勢を判断する四柱推命を応用した占星術です。生年月日から逆算して占います。
人がこの世に誕生する十月十日(265日)前は、受精卵に神様が霊を与える瞬間の時だとされています。徳川家康の最高軍師であった天海大僧上が発明・創出し、家康の天下取りに使用されました。

主な鑑定分野
  • 持って生まれた癖を知る…悪癖の延長線上で努力しても開運できないので良い癖に直す。
  • 本来の心の願い(長所=天干の部分を見る)、短所である癖(地支を見る)を直し、改善する道を示す。
  • 天性の素質や遺伝を見る。
  • 中年期における素質や才能を見る。
  • 初年期から青年期における素質や才能を見る。

詳しくは「天地人の運勢鑑定」サイト

東西総合占星術 … 西洋占星術、マヤ占星術など

生年月日時を通じ、西洋占星術と東洋占星術(中国の七政四余占星術とインド占星術)の双方の観点とマヤ占い(マヤ占星術)から本格的に鑑定します。
本人を支配している惑星、アスペクト(星と星の角度)、星座の意味と真実を総合的に見て総合的に見ていくと、四柱推命では見えにくいその人の才能、長短所、金運、仕事運、愛情運、人間関係、相性が新たな角度から見通していける点が特徴です。
牡羊座、牡牛座などでおなじみの12星座を使った西洋占星術で生年月日時の惑星位置と出生地の緯度・経度を基にホロスコープという図表を作成し、個人のパーソナリティー(個性・性格)や価値観や一生の運命を分析し、東洋占星術では別の観点から鑑定します。個人が生まれてから死ぬまでの間にどのような変化や成長をするのか、どのような出来事にいつ遭遇するのかといった変動していく運命を予測します。
一方、東洋占星術の一つ、インド占星術はインドで発達した占星術で、「ヴェーダ占星術」「ヒンドゥー占星術」とも呼ばれ、インド古来から伝わる「ヴェーダ」の教えと密接に関係し、未来予測の的中率ではたいへん高いと評判です。ホロスコープから導き出すヤントラ(護符)、マントラ(真言)などの開運法があることでも知られています。

主な鑑定分野
  • 社会運(仕事運、金銭運、家庭と仕事のバランス度、陥りがちな弱点)。
  • 引き寄せの法則(宇宙の恵み、前世と現世の関係、自分らしい愛の引き寄せ方)。
  • ビジネス運(お金の引き寄せ方、全体の引き寄せ方)。
  • 今年や来年の結婚運(今年と来年の違いやチャンス、対応方法)。
  • 1日1年法によるあなたの年代10年間の年運。
  • 人生リズム・今の年代10年間の年運。
  • インド占星術から見た恋愛運、仕事運。
  • マヤ占いでみる本人の特性。

詳しくは「天地人の運勢鑑定」サイト

安倍晴明占い … ご存じ陰陽師の占術

西洋占星術、インド占星術、中国占星術などあらゆる占星術が導入され、それらを総合的に解釈し、日本流に発展させたものが安倍晴明の「陰陽五行占星術」です。
安倍晴明は晩年、「占事略決(せんじりゃっけつ)」という占術解説書を著し、見通占(みとおしせん)や占うものの原因、現在、結果を見通す六壬式占(りくじんしきせん)の扱い方が詳しく解説されています。本格鑑定ではこの部分の推命術も入っています。

主な鑑定分野
  • 安倍晴明式の能力・職業診断。
  • 安倍晴明式の旅行に良い時期と方位(立向開運術)。
  • あなたに必要な開運護符。
  • 安倍晴明式の商談・重要会議の吉方位と吉祥日時。

詳しくは「天地人の運勢鑑定」サイト

お問い合わせ・お申し込みはこちら