2015年(平成27年) 七赤金星の運勢と吉方位

カテゴリ

深川宝琉です。

2star1

2015年(平成27年)の運勢は一体どうなっているのか。それぞれの本命星(生まれた年の星)に合わせ、吉方位も含めて詳細に紹介しています。

ここでは、九星気学で見る2015年(平成27年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 、二黒土星(じこくどせい) 、三碧木星(さんぺきもくせい) 、四緑木星(しろくもくせい) 、五黄土星(ごおうどせい) 、六白金星(ろっぱくきんせい) 、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 、九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

Sichisekikinsei1_2

第7回目は七赤金星の人の2015年(平成27年)の運勢です。音譜

2014年(平成25年)の運勢とは、正確には2014年2月4日から2015年2月3日までの運勢となります。

七赤金星の人は大正元年生まれ、大正10年生まれ、昭和5年生まれ、昭和14年生まれ、昭和23年生まれ、昭和32年生まれ、昭和41年生まれ、昭和50年生まれ、昭和59年生まれ、平成5年生まれ、平成14年生まれ、平成23年生まれの人が該当します。ただし、それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人のみとなります。!!

2015年(平成27年) 七赤金星の運勢

【今年の総合運(ツキを呼び込むポイント)】

Sichisekikinsei2015imi

●今年は過去から積み重ねていた良いものも悪いものも全て鮮明になる年です。白日の下にすべてが曝(さら)されます。赤道上で正午に自分の影が見えなくなるように、影の部分が一切なくなり、自分の過去のすべてが明らかになり、良いことをしていれば、評価され、悪いことを隠していれば露呈する年回りとなります。

●これまで苦労して影でコツコツ積み重ねてきた業績や才能、善行が世の中から評価され、脚光を浴びて昇り龍のように昇進していく機運の時。陰徳を積んできた人にとっては大きく評価される時です。逆に人に知られたくない悪い秘密や不倫、浮気、贈収賄、汚職、書類のミス、二重帳簿などがさらけ出される暴露の年でもあります。税務署の調査が入ったり、公的機関の調査が入ったりして厳しいチェックを受ける時期です。税務をきちんとしていれば、逆に表彰されるような年でもあります。

●表裏なく正しい交際、交流を心がけ、内面の充実を心がける年です。これまでの良いこと、悪いことがすべて明るみに出て、評価が決まる時です。学術関係でも過去の業績が幅広く知られるようになる一方、過去の悪事も世間にさらされ、名誉を得るか、失墜するか、両極端の結果になりやすい。過去の苦労や実績もないのに評価されると、テングになって恨みを買ったり、け落とされたりしやすいので、策謀ばかりを張り巡らすことなく、謙虚な姿勢が最優先の年回りです。

【今年の仕事運】

●これまで黙々と努力してきた人ならば、上司や経営者の目に止まり、思いもよらぬ大きな評価を受ける時です。本人が燦々と光を放つ太陽になったように多くの人々の視線を集めます。しかし、良いことも悪いことも明らかになることを念頭に置いてください。たとえば、サラリーマンなら大いに出世し、能力と魅力に磨きがかかり、才能を輝かせて人々の称賛の的になる年です。しかし、華々しい時こそ、羨望の的になりやすく、運命学は注意を強調します。気学では前厄になりますので評価に浮かれることなく淡々と仕事をこなしていくことです。

●これまで影で努力することなく過ごしてきた人にとっては、急に上司から評価されると、自分の実力が伴っていないのに鼻が高くなり、人を見下す傲慢さが鼻につくようになります。周囲の人から「鼻持ちならない人」と総スカンを食らったり、目立ちすぎてバッシングに遭ったりする場合があります。最悪の場合、濡れ衣を着せられるというケースもあるでしょう。

●自惚(うぬぼ)れや虚栄心は禁物。職場での人望という面では、思い上がってテングになることで周囲からは良く思われず、足を引っ張られる渋滞気味の運勢です。外見ばかりに目がいって評価されると、隠れた内面に意識が行かず、大切な時に失敗しがちですので、プライドの高さが無用の争いを招いたり、些細のことで血気怒気に走ってせっかく手中にした地位や名誉や友人を失うことになりかねません。冷静さと謙虚な気持ちを忘れないように十分、戒めることです。とくに、2012年後半の秋口からは本厄に入る前段階ですので運勢が下がっていきます。くれぐれも用心しなければなりません。

【今年の金銭運】 

Sichisekikinsei2015baio

華やかさを求め、高級な貴金属、高価な絵画、骨董品などに目が行き、高級志向から高額商品をついつい買ってしまいがちな時です。締めてかからないと、後でお金のやりくりが大変になり、後悔してしまうことも。高額品の支払いは計画性をもって決断すべきです。外面的な華やかさを求めるよりも、むしろ、心の内面の充実を図るために、資格を取ったり、勉強や趣味を始めて心磨きをするためにお金を使うと有効でしょう。自分の部屋、トイレ、家の周りなどをきれいに掃除し、町内会の活動やボランティア活動に積極的に参加しながら陰徳積みをしていくと思わぬ人から信頼され、新たな人脈から金運を呼び込むこともありそうです。

【今年の恋愛・結婚・異性運】

華やかな世界で脚光を浴び、異性から注目を集められやすい時期です。自分の才能や魅力が意外な人から認められやすく、不遇のときに味わった苦い経験がバネになり、人格を磨いてきた魅力が光り、意中の人とのお付き合いが可能になることも。不倫や三角関係、いくつもの掛け持ちは、すぐにバレてしまい、これまでの付き合いがこじれてしまいます。逆に地道に一人の人を思い続け、愛を温めていけば、相手に思いが通じて婚約、結婚へゴールインすることも十分に可能です。

【七赤金星の恋愛結婚運の特性】

基本的に平凡な恋愛より、ドラマティックな恋愛を好みます。要するに変化を好むわけです。男女共に異性から好かれることが多いでしょう。相手の外見にのみとらわれることなく、内面性を重視しましょう。運命の人を見つけるまでは、多少の紆余曲折があるでしょう。しかし、恋愛経験は未来に活かせるので、決して無駄ではありません。誰が自分を幸せにするのか、焦らずに相手の本質を見極めたいものです。

※ご本人の生年月日から見た本格的な恋愛結婚運や本格的な相性占いであれば、「占いのお申し込み」 からの鑑定をお申し込み下さい。ご本人の開運ポイントが詳細なオリジナル鑑定書を通してしっかり理解できます。

【七赤金星の人の適職】

金融関係・食品関係・レジャー産業・芸能関係・喫茶店・銀行員・歯科医・具体的な収穫のある業界・経済業界・金融業・飲食と口に関する業界・物品販売・弁論家・裁判・教師・弁護士・アナウンサー・お笑い番組・喜劇・老人相手の産業

【七赤金星の適職開運ポイント】

職業的には柔軟性があるので、適応範囲は比較的に広いでしょう。器用さと冷静さを発揮できる職業を見極めましょう。ただし、自分の好きな事柄でなければ、長続きは難しいでしょう。対人関係の引き立ては素直に受けましょう。サービス業や細やかな配慮が活かせる分野にも適性があります。進むべき方向性が決まれば、情熱的ですから成功の可能性も高くなります。平凡な繰り返しより変化のある職種がよいでしょう。事業面には先見性が要求されます。特殊な技術力を身につけ独立する人も少なくありません。

【今年の七赤金星の吉方と凶方】

Sichisekikinsei2015kippou

南東=吉、北=凶、北東=凶、東=凶、南=凶、西=凶

※これは非常に大まかな吉方と凶方です。その年の吉方だけで引っ越しや移転、旅行などを決めると失敗します。吉方と凶方はその人の生年月日によって月ごとや日ごとで細かく変化しますので、引っ越しや移転、吉方取り(お水取り)などの吉方や日取りは福岡の占いの館「宝琉館」本館 による詳細かつ正確なオリジナル有料鑑定をお薦めします。

【七赤金星の人のツキを呼び込むパワーストーン】

ダイヤ(魂と体に栄養を送る)、パール(純潔を象徴し、感情を穏和に丸くする)、トパーズ(消極性を払しょくし繁栄、名誉運アップ)、金針ルチル(ここぞという時に強烈に財を集め企画力や創作力アップ)、クリサンセマムストーン(菊花石=落ち込む気持ちを解消し再チャレンジする前向きな気持ちになる)、タイチンルチル(金運や財運やギャンブル運最強アップ)。

★宝琉館では、2015年ひつじ年開運オリジナル・パワーストーンを依頼者の状況に応じてピッタリのものを紹介しています。すでに二ヶ月前から品切れ状態になるものもあり、現在は、一人ひとり丁寧に作成ができるようになっています。

【七赤金星の象意=沢(兌)=西】

池や小川。沼、池、プール。口や「喜び」を意味。池や小川のせせらぎの中、色とりどりの可憐な花々が咲き乱れ、小鳥がさえずっているイメージ。人では、おしゃべり好きな少女、歌手、アナウンサー、キャスター、騒がしい新入女性社員。場所では賑やかな娯楽場、噴水、喫茶店、茶の間、娯楽街、スナック、料理店、食堂、講習会場。

福岡 占いの館
宝琉館
http://houryu-kan.com/


天神店
〒810-0001 福岡市中央区天神3-1-13 浦島ビル601
TEL:092-724-7724

六本松本館
〒810-0044 福岡県福岡市中央区六本松4-9-35-403
TEL:092-771-8867

お問い合わせ・お申し込みはこちら