2015年(平成27年) 八白土星の運勢と吉方位

カテゴリ

深川宝琉です。

2star1_2

2015年(平成27年)の運勢は一体どうなっているのか。それぞれの本命星(生まれた年の星)に合わせ、吉方位も含めて詳細に紹介しています。

ここでは、九星気学で見る2015年(平成27年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 、二黒土星(じこくどせい) 、三碧木星(さんぺきもくせい) 、四緑木星(しろくもくせい) 、五黄土星(ごおうどせい) 、六白金星(ろっぱくきんせい) 、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 、九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介していきます。

引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は福岡の占いの館「宝琉館」本館  で鑑定を受けることができます。  

Happakudosei1

第8回目は八白土星の人の2015年(平成27年)の運勢です。音譜

2015年(平成27年)の運勢とは、正確には2015年2月4日から2016年2月3日までの運勢となります。

八白土星の人は大正9年生まれ、昭和4年生まれ、昭和13年生まれ、昭和22年生まれ、昭和31年生まれ、昭和40年生まれ、昭和49年生まれ、昭和58年生まれ、平成4年生まれ、平成13年生まれ、平成22年生まれの人が該当します。ただし、それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人のみとなります。!!

2015年(平成27年) 八白土星の運勢

【今年の総合運(ツキを呼び込むポイント)】

Happakudosei2015imi

●今年はツキが最低の本厄年です。濁流が渦巻き、何もかもが冴えず、真冬の暗黒の海の中で放浪するような状態。人生の辛い孤独の時であり、スランプ、心の悩み、金銭トラブル、事故、ケガ、病気、色恋沙汰のトラブルなどの暗示ばかりがあります。真っ暗な闇夜に灯火一つもなく手探りで歩いている暗中模索の時で、先がまったく見えません。厳寒の冬のような年ですが、寒さに耐え忍んで乗り越えれば、やがて希望の春が巡ってきます。「受け身」に徹して堪え忍び、春の到来をひたすら待つ時。今年は勉学のチャンスです。しっかりと実力がつくでしょう。

●「冬来たりなば、春遠からじ」。ツキが最低だからといって決して自暴自棄になってはいけません。死んだふりをしても虎視眈々と実力を備える時です。前途が見えない時、人は心の弱さから動き回ることで活路を見出そうとしますが、ツキがない時には自縄自縛になりやすく、あせって墓穴を掘ることになりかねません。

●この年を無難に過ごすことができる人は、しっかりした実力や良い知人・友人をお持ちの方です。大病を患ったり、事業につまずくこともなく、平然と厄年を過ごす人も少なくありません。ツキを落とす人がいる一方で、無難に過ごす人もいます。むしろ、あらゆる条件が整って、慎重に事に当たり、入念に準備して独立、転職、転居などが可能な人もいます。この違いはどこにあるのかと言えば、日ごろの心構えや陰徳積み、人脈、情報収集能力、生き方(悲壮感よりも楽天的な心の余裕を持つ)、その人自身の土台がしっかりしているかどうかにかかっています。

●天から人生のテストに臨み、試されている時です。邪道から活路を見出そうとせず、このような時こそ、正攻法で自分磨きをする時です。学問、資格取得、習い事、研究を通して将来に備えるには絶好のチャンスの時です。外的にツキがない運気の時は内面を充実して心磨きをしてピンチをチャンスに転じる準備を進めることです。人生、最も苦しい時期に出会う書物、人生の転機となる「人生の師」との出会いがこの時期にできれば、ひとまず、よしとすべきです。黙々と努力を続け、普段はできない勉強や訓練、研究を行っていけば、必ず、将来、役立ち、大きく実 を結びます。

【今年の仕事運】

●昨年、どれぐらい影で努力してきたかで波乱の度合いが変わってきます。サラリーマンやOLであれば、誰からも無視されたり、認められない不利な立場に立たされたり、派閥の権力闘争の渦中に巻き込まれたり、上司や部下や幹部同士の板挟みになって苦しむ中間管理職の状態です。引くに引けない、出るに出られない苦境に立たせられたりします。学校でも職場でも、また家庭でも悩みが尽きない時。周囲や他人が自分自身を無視したり、完全に否定される事態が重なり、心を開いて相談する相手も得にくい孤独の時です。こういう時こそ、その人の底力(真価)が試される時であり、投げやりにならず、「天のテスト期間」を合格点で通過して下さい。

●予定している融資の話の詰めが甘くなったり、契約内容の確認が杜撰(ずさん)になったり、何かと手違いやミスを犯す可能性が高い時ですので、念には念を入れて仕事上のミスがないように努力していください。

【今年の金銭運】

Happakudosei2014baio

金運は最低の時。自分の心の弱さ、魔が差して、甘い言葉で付け込んでくる人が寄ってくることがあります。力になってくれるようなことを言って近づき、儲け話でなけなしの貯金まで根こそぎ持っていかれるようなことになりかねません。くれぐれも詐欺や悪徳商法に引っかからないようにすることです。身ぐるみを剥がされないためには、投機的な話や博打的な話には絶対に乗らないことです。

【今年の恋愛・結婚・異性運】

人に公表できないような秘密の付き合いをして裏切られたり、こじれにこじれてズブズブに泥沼化することも大いに予想されます。昨年に発覚した不倫や三角関係が原因で最終的に別れることも起こります。男女問題にはいつも以上に気をつけなければなりません。健康にも細心の注意を払いましょう。

※ご本人の生年月日から見た本格的な恋愛結婚運や本格的な相性占いであれば、「占いのお申し込み」 からの鑑定をお申し込み下さい。ご本人の開運ポイントが詳細なオリジナル鑑定書を通してしっかり理解できます。

【八白土星の恋愛結婚運の特性】

恋愛に関しては異性に対する独占欲、執着心の強さが感じられます。男女共にいい加減な交際では妥協しないタイプです。その根底には直線的で純粋な恋愛観が大きく影響しています。内面的な優しさや楽天性は、恋愛にもプラスに作用しています。自分の気持ちに正直に生きるので、独善的にならないようにしましょう。人を理解する気持ちを身につけることが恋愛成就につながります。

※ご本人の生年月日から見た本格的な恋愛結婚運や本格的な相性占いであれば、「占いのお申し込み」 からの鑑定をお申し込み下さい。ご本人の開運ポイントが詳細なオリジナル鑑定書を通してしっかり理解できます。

【八白土星の人の適職】

サービス業・不動産関係・ホテル業・僧侶・貸しビル業・建築業・鉄道山と土に関する業界・貸し倉庫業界・植林・鉱山業界・階段に関する業種・修行・心霊占い・心理学者

【八白土星の適職開運ポイント】

基本的に組織に属しても独立しても問題ありません。生得的な信念の強さを発揮できれば、努力相応の成功も夢ではないでしょう。人により転職を何度か経験することもあるようです。過去の経験は決して無駄にはなりません。環境は変化しても情熱はもち続けたいものです。逆に変化の少ない単調な仕事は、性格的に向かないでしょう。特殊な技術を身につけ、幅広い分野で活躍する人も少なくありません。対人関係の充実がビジネスチャンスにつながります。信頼に厚い人柄は事業面にもプラスになっています。

【今年の八白土星の吉方と凶方】

Happakudosei2015kippou

南東=吉、南西=吉、北=凶、北東=凶、東=凶、南=凶、西=凶

※これは非常に大まかな吉方と凶方です。その年の吉方だけで引っ越しや移転、旅行などを決めると失敗します。吉方と凶方はその人の生年月日によって月ごとや日ごとで細かく変化しますので、引っ越しや移転、吉方取り(お水取り)などの吉方や日取りは福岡の占いの館 対面鑑定の「宝琉館」本館  による詳細かつ正確なオリジナル有料鑑定をお薦めします。

【八白土星の人のツキを呼び込むパワーストーン】

水晶(集中力を高め、決断力を強化)、ダイヤ(魂と体に栄養を送る)、トパーズ(消極性を払しょくし繁栄、名誉運アップ)、マウンテンクリスタル(日々ポジティブに生きるパワーを与える)、スモーキークオーツ(理由なく不安を感じる繊細な人に悩み事を解消する)、ヒスイ(翡翠=邪悪な災いやねたみや事故をシャットアウトし守ってくれる)。

★宝琉館では、2015年ひつじ年開運オリジナル・パワーストーンを依頼者の状況に応じてピッタリのものを紹介しています。すでに二ヶ月前から品切れ状態になるものもあり、現在は、一人ひとり丁寧に作成ができるようになっています。

【八白土星の象意=山(艮)=北東】

どっしり動かないもの、近寄りがたい高尚なもの。変わり目。山また山。固くて重いもの、蓄財、「停止」や「変化」、「相続」を意味。積み重ねたもの、担ぎ上げられること。人では少年、土地建物業、リストラを恐れる窓際社員、頑固者、親戚、家族、篤実な人、山のように高尚な人。場所では城、寺、墓、仏閣、倉庫、ホテル、門、旅館、デパート。

福岡 占いの館
宝琉館
http://houryu-kan.com/


天神店
〒810-0001 福岡市中央区天神3-1-13 浦島ビル601
TEL:092-724-7724

六本松本館
〒810-0044 福岡県福岡市中央区六本松4-9-35-403
TEL:092-771-8867

お問い合わせ・お申し込みはこちら