手相、生年月日、易占で見通す運命 福岡の占い鑑定

カテゴリ

福岡の占いファン皆様、また福岡の近郊で占いにご関心のある方々、こんにちは。

西鉄天神福岡駅の西鉄ソラリアステージ2階福岡パルコ前と六本松駅前にある福岡占いの館「宝琉館(ほうりゅうかん)」です。
●「宝琉館」本館:福岡県福岡市中央区六本松4-9-35 第二吉川興産ビル403
  固定電話&FAX : 092-771-8867(携帯もあります)
●「宝琉館」福岡天神店:福岡県福岡市中央区天神2-11-2 西鉄福岡駅構内2F
  固定電話 :092-724-7724

9月に入りました。夏もようやく終盤。9月に入れば、秋の入り口です。

秋の気配が少しずつ感じられるようになれば、実りの秋であるとともに物思いにふけり、郷愁の中から新たな運命の躍動感や息吹を感じることができる時期に入っていきます。

これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。

西日本各地から福岡、天神にやってきて福岡占いの館「宝琉館」で直接鑑定を受ける人が増えています。

人の成長も大いに行われる時期ですので、心の内面を見つめ直し、開運鑑定にはピッタリの時期が到来しました。

引っ越しの吉方位占い、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ・命名、占いスクール も行っています。

小中高校生、大学生、若者から高齢者まで老若男女、様々な課題を持ちながら開運への道を模索している人が多いものです。

第二の人生をいかにスタートするか、準備している方もいますが、どうやって再出発すれば良いか、悶々と悩んでいる人もいます。そんな時、宝琉館の直接鑑定は役立つことでしょう。

昭和50年代、60年代から平成生まれにかけては、恋愛結婚運や適職、仕事運を知りたくて相談するケースが多いですね。30代、40代、50代、60代、70代でそれぞれ、悩みや課題が共通している部分が多いのが特徴です。

直接鑑定を通し、しっかりと自分のライフデザインを描き、大いなる夢の実現に向かって歩き始めましょう。

7月末、ゲーム実況者わくわくバンド (わくバン写真左)が福岡でのライブ後、ぶらりと当館にやってきました。

宝琉館天神店は西鉄福岡駅のコンコース内、ソラリアステージにあり、福岡パルコに入る前の入り口近くにあるため、天神をぶらぶら歩いている人にとっては非常に便利な場所にあり、彼らも、ぶらりとやってきたそうです。

バンドのリーダーである湯毛さん、フルコンさんが深川宝琉から直接鑑定を受け、その後、バンドの未来を占ってほしいとのことでしたので、易占で鑑定してみました。

鑑定内容はユーチューブ で見ることができますが、動画がアップされてわずか1日で1万回以上が閲覧されていて人気です。

湯毛さんの場合、天性の芸術家、音楽家であり、色彩感覚や音楽の感性が卓抜していて曲想がどんどん浮かび上がって湧いてくるタイプ。

しかも、波乱を乗り越える強運を持っていて、今年が強烈なモテキでした。全国各地を巡ることで今秋から人気運がかなり出てくることでしょう。

フルコンさんは手相で見ると、湯毛さんとは真逆のタイプで、まるでピッチャーとキャッチャーのような関係。バンドを陰で支えながらも、華やかに独自の世界を演出し、二人が協力することでバンドにメリハリができて、伸びしろになるようなパワーがありました。

フジさんの場合、何事も強烈に熱中する人で、その専門の世界ではピカイチになる人。人気運もあり、音楽や芸術の世界で独自の境地を表現する「最終兵器」の運命でした。

バンドの今後の運命を易占で見ると、いままで紆余曲折があっても、すべてシャッフルされた後、大いに発展していく命運。

さすがに勢いのあるバンドは天が励ましている。

やはり、グループや団体、組織の命運を見通したい場合、易占が独壇場となります。

易占は元来、中国の各王朝の皇帝が自分の国の命運を占うために易者を通して行ったもの。

ですから、国や地方の運命を見通す上では、非常に深く、先を見通していけます。

ですから、音楽バンドの運命を見通す場合もバンドリーダーやポイントとなるバンドメンバーの命運を手相や生年月日などで見通すだけでなく、易で見ていくと良いのです。

彼らが鑑定を受けた後、さわやかな一陣の風が通過した余韻と感覚でした。

本人たちも、何か、言葉にはできない満足感を得た形で東京へ戻っていきました。

ところで、9月を迎え、心機一転したい心の叫びやファイトを秘めた方々が福岡占いの館「宝琉館」 を訪れています。

若い世代であれば、平成二ケタ生まれの世代。つまり、現在、高校生、大学や専門学校、社会人1年生になっている人たちです。

さらに平成7年、8年生まれの就活生。

就職活動は大きなヤマ場を迎え、自分が、この会社に内定して本当に良かったのか、内定がもらえていない人は、最終的にどんな会社に入ると良いか――。

就職氷河期の頃は、就活で心が折れる大学生の事例を数多く耳にしました。直接、苦い経験を通過した転職希望者の相談も受けてきました。

転職が多い世代としては1980年代後半に大学を卒業した世代。

世はバブル真っ盛り。早々と内定が出たと思ったら、卒業時にバブルが弾(はじ)けてあやふやになり、厳しいリストラに直面していく世代です。

そして、就職氷河期を経て、売り手市場になっている現在です。

「売り手市場」という言葉にだまされてはいけません。

人気業界、人気企業は常に超難関なのは今も昔も変わりません。

自分に合う中小企業を探せたら、早く活動を終えることもできます。

そもそも、自分には、どんな仕事が本当の適職なのか。

つまり、正確で深い長期的な「自己分析」が問われていることになります。

大手就職情報サイトの最新調査結果によると、就活中の学生の本音としては「もっとも大事なのは自己分析」という声が多いということです。

本当にこの業界で良かったのか、自分がやりたいことは何か繰り返し自問自答する。

早い時期から自己分析を行い、自分の天職は何なのか、天賦の才能は何なのか。

それと向き合うことが大事なのです。

学校では、「総合的な学習の時間」を利用して、ジャーナリストやベンチャー企業の経営者、大学教授らを招いて社会の現実を話してもらうキャリア教育が重視されていますが、まだまだ、実社会の経験を知る機会は学生たちには少ない。

最近は大学3年生向けのインターンシップが盛況です。

企業で就業体験をするインターンシップ制度は、期間が1週間程度以上であれば、単位として認定する大学も増えています。

規模は年々拡大し、主要な就職情報サイトに掲載されている今年の募集は延べ約1万3千件(前年比1.6倍)。

夏だけでなく、冬の開催も増えていて、学生の関心も高く昨年は3年生の3分の2以上が参加していますし、1~2年生の参加も増加傾向です。

企業、学生双方が熱心な理由はズバリ「採用直結」。

企業にとっては早い段階から学生と接触する機会が生まれ、そこで内定を出すこともあり、学生もそうした企業の思惑を知っています。

3月の採用活動解禁以前にインターンシップを通じた採用は認められていませんが、水面下で「優遇」を行う企業は多くありますね。

就職内定が出て晴れて就職したから万々歳なのではありません。

就職後の長期的な活躍を考えて自己分析をすることも大切ですね。

売り手市場とはいえ、書類選考で落とされたり、面接でダメ出しをされたりすることもあります。やる気、モチベーションをどう維持するかも大切です。

福岡占いの館「宝琉館」では、適職鑑定、転職鑑定、仕事運鑑定では、その人の天賦の才能が何なのか、今は、そのためにどういうモチベーションで進むべきか、アドバイスします。

秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんが9月3日、婚約内定会見を行われました。

おめでとうございます。

大学1年での出会いから結婚を意識し、約5年の交際を実らせ、ゴールインへ。

眞子さまは小室さんを「温かく励まして下さる存在」で「太陽のような明るい笑顔」にひかれたとのこと。

小室さんは夜空にきれいな月を見つけ、思わず眞子さまに電話したエピソードを披露し、「月のように静かに見守って下さる存在」として愛情深く、確たる信念を持っているところに強くひかれたそうです。

眞子さまは英国へ、小室さんは米国へ、別々に留学した後も、連絡を取り合って交際を続け、帰国後の13年12月に小室さんがプロポーズ。眞子さまは「私の心は決まっておりましたので、その場でお受けいたしました」とのことです。

人と人の関係には足し算型と掛け算型があるそうです。

足し算型なら、一方が欠けても「1」が残りますが。掛け算型は〈一人が「0」になるとすべてが「0」になってしまいます。

掛け算型の間柄は、夫婦だけでなく、親子も、兄弟姉妹も同じ。
 「×1」の相手が失われることで、世界が「0」になる人は必ずいます。

失恋の痛手から立ち直れず、必死に克服しようと努力している人もいますね。

そんな時、その喪失感からいかにして乗り越え、再出発していけるか。

占いは、そんな悩みの淵にある人々に一縷の光を差し込む役割があります。

「逃げるは恥だが役に立つ」ではないですが、「逃げるは恥だが占いは役に立つ」――。

相性では次のような内容を鑑定していきます。

■二人は求め合っているかどうか

■付き合うことで成長できるか

■二人が交際すると何が起こるのか

■カラダの相性

■力関係はどうか

■あなたや相手に与えられた宿命

■太陽が示す二人の基本的な相性

■心と体と行動の相性

■その結婚相手で本当に大丈夫か

■相手とうまくやっていくためには


占いスクール「宝琉館」 では、手相、易占、九星気学、風水、姓名判断をしっかり教えていきます。

プロとして手相鑑定をしたい方、趣味で手相を見たい方、占いを本格的に極めたい方は占いスクール「宝琉館」 でマンツーマンでの勉強、占い師としてマスターする道があります。関心のある方は問い合わせ下さい。

子供が生まれると、うれしい半面、なかなか決まらないのが名前です。

わが子が一生涯使い、背負うものであり、将来の幸せを願うあまり、ついつい肩に力が入ってしまいがち。

そんな時こそ、姓名学に精通する専門家に頼るのもひとつの手ではないでしょうか。

占いの基本である命相卜(めいそうぼく)の相(そう)の部分としてとして古くから親しまれてきた姓名判断。

最近は世相を反映して個性的な名前が増える一方、ブームだったキラキラネームに対するネガティブな親も増え、シンプルかつ、わかりやすい名前が良いという正統な流れにもどりつつあります。、姓名判断の世界も大きく様変わりしつつあります。

昨日も福岡占いの館「宝琉館」 では2年前に赤ちゃんの命名をした妊婦さんが第二子の赤ちゃんの命名を依頼され、すでに素晴らしい吉祥名を授けました。

「元気にすくすく、みんなに愛されて育っているので、また、良い名前をつけていただきたい」とのことでした。

7年ほど前から赤ちゃんの名前の命名を本格的に行い、リピーターもかなり増えてきています。

やはり、依頼する側と依頼を受ける側の信頼関係が大切ですね。

昨今、赤ちゃんの名づけ本が膨大になり、何が良くて何が悪いか、分からない親が多くなっています。

流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。吉祥名の良さは時間が経つことに、その安定性、安泰さで実感していけます。

最近、立て続けで赤ちゃんの命名を依頼されることが増え、すでに出産された後に依頼される場合、届け出まで時間があまりないため、戸惑うケースもあります。

良い名前をわが子につけたいと思えば思うほど、親がとても焦ってしまったり、その両親(祖父母)がとてもヤキモキすることが多くなるものです。

当方では、たとえ短い時間でも最高吉祥名を授けることができますので、安心してご依頼できますが、できれば、出産前にご夫婦でご依頼されることをお薦めしています。

心に余裕を持って準備した方が、真心を込めて名づけをする過程の大切さもありますので、生まれてくる子どものために良いからです。

このウェブサイトで何度か、赤ちゃんの名づけの心構えとして、出産する1~2ヶ月前には依頼して考える時間があった方が良いことを強調してきているので、最近は、出産予定日の2~3ヶ月前からご夫婦で直接、相談されるケースが増え、心に余裕のない形で依頼されるケースは少なくなりました。

生まれてくる子どものために最高の吉祥名を授けたいのは、どの親も共通しています。

しかし、そのためには、良い名前を命名するための法則を知る必要があります。

その基本をご両親に説明し、その中から、希望する名前が見つかるかどうか、を知り、自分たちが希望する漢字が存在した場合はラッキーですが、たとえなくても、限定された最高吉祥名の中から最高に良い名前を選んでいくことが、どれほど尊い作業かを振り返った時に知るようになるでしょう。

姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのが良いでしょう。

「良名は億万の富に優る。身は一代、名は末代」という言葉もある通り、姓名はとても大切です。

赤ちゃんの名づけは、初回、3万円(税別)。二子目、三子目は2万5千円(税別)となります。大人の改名は3万円(税別)です。

9月からの実りの秋が開運できる今年後半の大きなヤマとなります。

福岡占いの館「宝琉館」は六本松本館が地下鉄七隈線六本松駅から徒歩3分。天神店は西鉄福岡天神駅から徒歩3分。福岡パルコの入り口前にあります。とても交通の便の良い場所にありますので、来館日時をご連絡の上、ご来館下さい。天神店は突然の来館でも対応できますが、先客の鑑定が長い場合もありますので、事前に連絡した方が調整できやすいです。六本松本館は日時調整し、じっくり本格的に鑑定していきます。

夏真っ盛りから初秋にかけて、国内旅行、海外旅行にはもってこいの状況です。お盆期間などで海外からの一時帰国、福岡への旅行、帰省などの合間に福岡市中心部にある福岡占いの館「宝琉館」にふらりとお立ち寄り下さい。

恋愛運、結婚運、相手との本格相性、適職運、仕事運、転職運、引っ越し、吉方位旅行、赤ちゃんの命名、改名などについて真剣に向き合って仕事運をアップさせたい方は福岡占いの館「宝琉館」にご来館下さい。

《「宝琉館 福岡天神店」》

住所: 福岡県福岡市中央区天神2-11-2 西鉄福岡(天神)駅構内2F
※北口改札のコンコースを福岡パルコ側に進んだ先にあります。
固定電話 :092-724-7724
営業時間 : 午前11時~午後7時 (年中無休)


※深川宝琉館長、内田絢子副館長をはじめ、徳永吉祥、鎌田一花、岩本みやこ、吉武毎穂などの各曜日担当の「開運鑑定士」が占います。

【日曜】 深川宝琉 徳永吉祥 鎌田一花 (徳永、鎌田は隔週出演)

【月曜】 深川宝琉 岩本みやこ

【火曜】 吉武妹甫(まいほ) 内田絢子(不定期)

【水曜】 吉武妹甫(まいほ)

【木曜】 徳永吉祥 岩本みやこ

【金曜】 岩本みやこ 徳永吉祥

【土曜】
 鎌田一花 吉武妹甫

※各曜日の担当は変更になることがあります。

《 福岡の占いの館「宝琉館」本館 》

住所:福岡県福岡市中央区六本松4-9-35 第二吉川興産ビル403
※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。

※コインパーキングが隣接しています。※西鉄「六本松」バス停徒歩1分。
鑑定予約
携帯電話 : 090-3416-6230
固定電話&FAX : 092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館ください。
※深川宝琉が占います。

深川宝琉館長による「占いスクール」を六本松本館で開講しています。

手相、九星気学、姓名判断、易学を、基礎から実占まで、その人にあったペースの個別指導で随時、伝授いたします。

福岡の占いの館「宝琉館」は、基本的には1対1の個別指導です。

その人に合ったペースで教えます。

1回90分のコマで、最大でも1教室3人までの授業です。

入学は、空き時間により調整して決めていきます。素直に学んでいこうとする人を育てていきます。教育終了後、実占鑑定をしていくことも可能です。

【占いスクールの問い合わせ】
携帯電話 : 090-3416-6230
固定電話&FAX : 092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

福岡 占いの館
宝琉館
http://houryu-kan.com/


天神店
〒810-0001 福岡市中央区天神3-1-13 浦島ビル601
TEL:092-724-7724

六本松本館
〒810-0044 福岡県福岡市中央区六本松4-9-35-403
TEL:092-771-8867

お問い合わせ・お申し込みはこちら