実りの秋、金運、仕事運、恋愛結婚、人生転換へ深い準備の時 福岡の占いなら宝琉館

カテゴリ

福岡、天神、博多の皆様、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、山口県、宮崎県、鹿児島県など福岡近郊の方々、こんにちは。

天神ソラリアステージ2階福岡パルコ前と六本松駅前にある福岡占いの館「宝琉館」です。

実りの秋・10月を迎えました。

西日本各地から福岡、天神にやってきて福岡占いの館「宝琉館」で直接鑑定を受ける人が増えています。六本松本館での直接鑑定も遠くから来館される方々が実に多いですね。

秋の気配が段々と感じられるようになれば、実りの秋であるとともに物思いにふけり、郷愁の中から新たな運命の躍動感や息吹を感じることができる時期に入っていきます。

これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。

2016年のノーベル生理学・医学賞に「細胞自食作用(オートファジー)」の仕組みを見つけた東京工業大の大隅良典栄誉教授が授与されました。

地元の福岡出身ということで心よりお祝い申し上げます。

大隅良典さんは、酵母研究一筋40年。ほかの研究者が見向きもしなかったテーマにこだわった「へそ曲がり」精神が大輪の花を咲かせました。

この人のやらないことをやる「へそ曲がり」の精神、紆余曲折があっても、最後は実る運命です。大隅教授の生き方には、やはり、人の運命を見る上で、大変参考になることが多いものです。

1945年2月9日、福岡市生まれの博多ッ子。

大隅教授は終戦の半年前に生まれ、四人兄弟の末っ子です。

母親は結核にかかりますが、元気になると家族みんなでマージャンを楽しんだそうです。

大隅教授は「ひらめきタイプ」なのかマージャンが強かったとか。

父親は九州大学の教員で、自宅は福岡市郊外(香椎)で、友達は農家の子が多く、よく一緒に自然の中で遊び、昆虫が好きな少年時代。

小学生時代は、東京の大学に通っていた長兄が帰省するたびに子ども向けの科学関係の本を一冊買ってきてくれたことで、自然科学の研究に目覚めたとのこと。

福岡高校時代は化学部に所属し、成績は常にトップ。生物学などに興味があり、化学部の部長として「真面目な部員」ではない一面も。「部室の備品でとんでもない気体をつくって風船を飛ばしたり、謎の飲料をつくったり。

化学を専攻しようと入った東京大学でアルツハイマー病の研究で知られる故・今堀和友名誉教授と出会い、生物学を志し、米国留学時代に出会った「酵母」が運命を変えたとのこと。

しかし、研究者として決して順風満帆の人生を送ってきたわけではなく、最初は前途多難でした。

88年に助教授となったのは43歳、教授になったのは51歳で早い方とは言えません。

現在、大隅教授は神奈川県の大磯町で夫人と二人暮らし。長男と次男は巣立って独立しているそうです。

オートファジーの研究も当初は時流では見向きもされなかった時期がありました。

それでも、研究費を得やすく、論文も書きやすい「流行」のテーマに転じようと考えず、「人と同じことをやってもしようがない」が口癖で、ある意味で、時流に流されず、退路を断っていく頑固一徹さが大輪の花を咲かせるきっかけとなったようです。

ご本人は人と競争するのは大嫌いで、だれもやっていない分野でパイオニアとして切り開いていくことに醍醐味を感じるタイプ。

日本のノーベル賞受賞は25人目。生理学・医学賞では、1987年の利根川進・米マサチューセッツ工科大教授、2012年の山中伸弥・京都大教授、昨年の大村氏に次いで4人目となります。

2017年がどんな年になっていくか、関心を持つ時期に入ってきました。

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

高齢化社会で高齢者が格好良く年をとるにはどうすれば良いか。

運命学の側面からも、この部分は非常に大切な部分になってきます。

年を取ると、「今の若い者は……」と言いたくなるのはわかりますが、説教せずに仕事をし、年齢を重ねるほどに伸びていく能力もあることを理解することです。

先ずは以下が大切。

■学歴や肩書き、勤務先を取り払った素の自分を見つめ直す

■縦の関係よりも対等なヨコのつながりの人を増やしていく

■自分の特技(専門性)を深め、磨いていく

■時には自分の価値観が逆転するような場所や環境に挑む

■生産性のある活動をする

■下の世代への説教は、行っても春夏秋冬に1回ずつ

■長患いしないように「最期」を決めておく

日本では65歳以上が高齢者。

かつては、お迎えが来てもおかしくない年齢ですが、今では、平均寿命まで、そこから15~20年ありますので、生産性のある活動をして「死ぬまで現役」にこだわることが大切です。

「何としてもやらなければならない」という職務を失った虚無感が認知症を引き起こしやすいですので、目標を設定し、それを達成することで脳は鍛えられ、認知症を予防できます。これからは高齢者も例外なく、働ける間は仕事を続け、世の中の役に立つ意識を持ち続けることです。

宝琉館の直接鑑定では、良い生活サイクルにしていくように「改運」できるようアドバイスし、開運に導く手助けとして運命学を取り入れ、占いによる直接鑑定へ導いていきます。

恋愛・結婚運、異性運に関しては、若い未婚の男女はもちろん、夫婦関係で悩んでいる人たちが常に関心を持つテーマです。

ちょっとした意識で異性関係がガラリと変わることがありますので、一度、福岡の宝琉館(ホウリュウカン)をお訪ねください。

恋愛・結婚運、異性運に関しては、若い未婚の男女、あるいは既婚していても夫婦関係で悩んでいる人たちが常に関心を持つテーマです。

わずか、ちょっとした心のあり方、意識の仕方で人間関係、異性関係がガラリと変わることがよくあるものです。

モテ期も事前にわかれば、心の準備もできるはずです。

実際、宝琉館 では恋愛の傾向性、恋愛パターン、恋愛観、価値観、恋愛感情、愛情表現を中心に本格的に鑑定しています。

恋愛成就のアドバイスも含まれています。

人生、凶を吉に転じる叡智と判断力こそ、開運の底力です。

男性による育児もイクメンが普通化し、団塊ジュニア世代の時代から比べれば草食系男子が目立ってきています。

良い「異性縁」を提供し、結婚後、安心して子育てができる社会を築いていくことです。

個人が幸せになるためには、幸せな異性運、幸せになる家庭運を得ることです。

そのためには、まず、良縁を得る機会を増やすことです。

ご当人にとって、いつ頃が良縁に恵まれる時期か。

どんなタイプの異性がしっくり合うか。

きわめて精度の高い異性運の本格鑑定が可能です。

一方、長年、開運のお手伝いをする運勢鑑定を続けてきて感じるのは、ここ20年一貫して仕事運、適職運をみてほしいという人が多いことです。

自分の適職分野が分からないこと、ありませんか。

サラリーマンやOLをやっていても、大きな違和感を感じたり、仕事に生き甲斐を感じることができなかったり、人間関係で悩むこともあるものです。

しかも、時期や立場によって自分の状況やモチベーションは変わっていくもの。

部署が変わることで生き生きしたり、なかなか才能を発揮できなかったり。

自分にとって、一体、どんな仕事が一番向いているか。

人生は、それを探す旅をしているようなところがあります。

人によっては、若い頃から、終始一貫、同じ仕事を職人のように極めていく人もいます。

一方で、職を転々とし、あらゆる職種を経験していく人もいますね。

転職を何度か行っていく人もいます。

自分の適職を見つけ出すまでは、だれもが暗中模索で先が見えない感じです。

長いトンネルをくぐってきた後、一筋の光明が差していくように、本当の適職を見つけ出した時こそ、その人の開運期と言えるでしょう。

その時期を生年月日による命学、手相などの相学、瞬間瞬間の状態を見る卜学で多角的に見ていくと、本当によく分かります。

逆に、どんなに天賦の才能を持っている人でも、その才能に合った適職に就かなかった場合、向いていない分野の職種に携わっている限り、本来持っている才能を全然発揮できません。

それが、人間関係による柵(しがら)みによるものなのか、職種自体が合っていないのか、ケースバイケースですが、いずれにしても、その時、その時で、職種にも出会いというものがあり、これは異性運と同じぐらい、いや、それ以上に大切な場合もあるわけです。

直接鑑定では、過去や現状がどうであるかをしっかり把握した上で、自分にピッタリのビジネススタイルがどうであり、輝けるか。就職、転職に最適のタイミングはいつぐらいか、などをアドバイスします。

引っ越しや吉方位旅行、家の間取りなどの相談もよく受けます。

会社の移転や、ご家族の引っ越し、旅行を通して開運したい場合、風水は環境整備学ですので、大いに役に立ちます。

実りの秋を迎え、いろんな方々が福岡占いの館「宝琉館」にご来店し、鑑定を受けておられます。さすがにお盆期間は関東、関西、中四国、東北、北海道から福岡に戻る家族が多く、「福岡パルコの入り口のこんな目立つ所に占いの店があったのですね」と声をかけ、直接鑑定を受ける方々が多いです。

宝琉館天神店の場合、利便性の良い天神で、西鉄天神駅という始発駅と同じフロアですので、直接鑑定を受けたい方はとても便利です。

しかも、駅のある同じフロアーの階でありながら天神パルコに入る入り口。周囲に他の店舗はなく、落ち着いた雰囲気で鑑定が受けられるのが魅力です。

六本松本館は、さらにじっくりと鑑定を受けたい方に向けてピッタリです。

姓名判断についても、問い合わせや依頼が多く、さすがに姓名判断を通して、赤ちゃんの名づけや改名については真剣に向き合う方々が多いです。

日本の場合、改名するのは可能ですが、法的に改名が認められるまで、手続きがいろいろと必要です。通常、使う名前を改名するだけであれば問題はありませんが、正式な改名はいろんなハードルがありますが、ケースバイケースでアドバイスします。

名前は親が子供に与える最初の精神的な贈り物です。

だれもが持つ「生涯の符籍(お守り)」とも言われますが、子供が自分が選びもしない名前のせいで、心に傷を負って生きていかなければならないとすれば、これも大変なことです。

親はよく考えて開運できる美しく、意義深い名前を付けるべきです。

そのために、姓名判断の専門家がしっかり鑑定していき、アドバイスしていきます。

吉祥名を持つことはもちろん重要ですし、もっと重要なのは立派な名前にふさわしい生き方を送ることといえるでしょう。

赤ちゃんの名づけ・命名や改名、帰化名について吉祥名を求めておられる方々は、たくさんの赤ちゃん命名を行っている深川宝琉にお尋ね下さい。

宝琉館天神店ではベテラン占い師たちが開運鑑定のために、日々、直接鑑定を行っています。

福岡占いの館「宝琉館」では、本格的な手相(西洋手相と中国手相)や易占、九星気学、算命学、風水、姓名判断などの運命学スクール を行っています。初級や中級、上級講座があり、基本的にマンツーマンで教えていきます。講師と受講者の都合に合わせ、日程を調整しながら着実に教えていて、好評です。時期によっては一泊二日や二泊三日で初級から中級、上級まで一気に受講することも可能です。

カルチャーとして学びたい方、プロの占い師になりたい方、それぞれの意向に合わせて運命学を教えていきますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。

福岡 占いの館
宝琉館
http://houryu-kan.com/


天神店
〒810-0001 福岡市中央区天神3-1-13 浦島ビル601
TEL:092-724-7724

六本松本館
〒810-0044 福岡県福岡市中央区六本松4-9-35-403
TEL:092-771-8867

お問い合わせ・お申し込みはこちら