赤ちゃんの名前、姓名判断、真の吉凶を見抜く名付け

カテゴリ

いつも、本サイトをご覧いただき、ありがとうございます。

福岡の占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

赤ちゃん」を授かった場合、第一子、第二子に関係なく、やはり「名前」をどうするか、夫婦はいろいろと楽しく悩んでいくものです。

ネット上は「姓名判断」に対する情報が氾濫し、何をどう信じて良いか、結局わからないという声を多く聞きます。

福岡の占いの館「宝琉館」では、赤ちゃんの名づけの依頼が多く、天神や博多、六本松周辺だけでなく、福岡市内や福岡県内、佐賀、熊本、長崎、大分などから出産予定日の直前や1~5か月前にご相談される方が多いですね。

福岡県内外からときどき、出産して届け出一週間の期限直前に尋ねてこられることもあり、できるだけ早く、赤ちゃんの名づけをすることもあります。

ただ、やはり、赤ちゃんの名前は親が与える最高の贈り物ですので、じっくり考え抜いて授かった方が良いですね。
最近は、夫婦で出産前に相談に来られるケースが増えました。

ご主人が多忙な場合もあり、その場合、できるだけ細かくアドバイスしています。

赤ちゃんの名づけでお困りの方、最高の吉祥名を授けたいと思っておられる方は、福岡から遠方の方は、ネットで姉妹サイト「四柱推命/天地人の運勢鑑定」 の「姓名判断」欄から、福岡在住また福岡近隣の方は、福岡の占いの館「宝琉館」 に直接おたずねください。
深川宝琉がしっかり選定してまいります。

※古代、女性に名前を問うことは求婚を意味しました。
万葉集巻頭の雄略天皇の歌も、菜を摘む娘に「あなたはどちらの家の人ですか。名前を教えてください」と迫って猛アタックしています。
名前にはその人の魂がこもり、名乗ることは魂を相手に渡すこと、結婚を受け入れることだったのです。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

明治安田生命保険が12月3日に発表した2015年に生まれた赤ちゃんの名前のランキングで、いちばん多かったのは、男の子が「大翔」(ひろとやまと)、女の子が「」(あおい)でした。

「大翔」は平成19年から23年まで5連覇を果たしていましたが、4年ぶりの首位返り咲き7回目、「葵」は19年以来8年ぶり3回目の1位となりました。

男の子の2位は「悠真」(ゆうま)、3位が「」(れん)と「陽太」(ようた)。
女の子は2位が「陽菜」(ひな)、3位は「結衣」(ゆい)でした。

27回目となる同調査では同社保険加入者の子ども8,400人を調査。
男の子は「翔」を使った名前に人気があり、「陽翔」(はるとひびと)、「結翔」(ゆいとゆうと)、「悠翔」(ゆうと)も、12の名前がランクインした上位9番目までに入りました。

読み方が難しくなり、小学1年生の担任になる先生は、最初、出席を取るときにいちばん苦労するとの声も聞きます。

漢字は今や、その起源や来歴から隔絶され、イメージ優先の「感字」と化したのかもしれません。
明治安田生命は「今年の干支(えと)が『羊』だったことも影響しているのでは」とみています。

女の子は1位の「」のほか、「さくら」「」など植物にちなんだ名前に人気があり、名前人気のブームになっています。

今年は日本人のノーベル賞受賞やラグビーワールドカップ(W杯)での日本代表の活躍などがあり、2020年の東京オリンピック開催も近づいてきて、応援ムードの高まりとともに 日本のよさを再発見するきっかけとなっているようです。

「日本の存在感を示せた1年となり、空を羽ばたく大翔や和を連想させる葵が人気だったのではないか」(明治安田)と分析しています。

海外から日本を訪れる訪日外客数が過去最高を記録し、日本の文化や自然の素晴らしさをあらためて 実感する機会が日常生活の中で増えてきています。

未来への明るい期待や「日本」という国をより意識 した結果、「陽向」「大和」「」「さくら」など、日本らしさを意識した名前がランキング上位になっているのかもしれません。

ラグビーの五郎丸歩選手の「」は、男の子の昨年の256位から今年は33位と大幅にランクアップ。
来年はさらに上昇が期待されています。
また、ベネッセコーポレーションが先月30日に発表したランキングでも女の子の1位は「」(昨年4位)。
男の子は「悠真」(ゆうまはるま)が1位(昨年1位)でした。

■2015年生まれの赤ちゃんの名前ランキング■

【男の子】
1 〈2〉大翔(ひろと、やまと、はると)
2 〈5〉悠真(ゆうま、はるま)
3 〈1〉蓮(れん)
3 〈4〉陽太(ようた、ひなた、はるた)
5 〈6〉湊(みなと、そう)

【女の子】
1 〈4〉葵(あおい、ひまり、あお)
2 〈1〉陽菜(ひな、はるな、あきな)
3 〈8〉結衣(ゆい)
4 〈16〉さくら
5 〈1〉凛(りん)

※〈 〉内は昨年順位、( )内は主な読み方。明治安田生命保険調べ

福岡の占いの館「宝琉館」 が姓名学の本格的なプロであることを聞きつけた方々が、ここ半年ほど、赤ちゃんの名づけをしてほしいという直接依頼が増えています。
画数の吉凶について、ネット上では、いろんな流派が主張し合い、乱れ飛んでいるのが実情です。
正しい姓名学が何なのか、中国の姓名学から流入し、発展した日本の姓名学の歴史をしっかり把握している人が少ないことが原因です。
天画、人画、地画、外画、総画がすべて吉画であれば、それだけで良いと考えているとすれば、大変な間違いです。

しかも、漢字の字画については現字で画数を判定するのではなく、元々の漢字の成り立ちから判断していく必要があります。
ネットに氾濫する情報だけでは、正しい赤ちゃんの名づけができないことに気づいた人は実は大変多いはずなのですが、では、どこに相談すれば良いのか、見当がつかない人が多いのも事実です。
私が大変憂慮しているのは、「たまごクラブ」「ひよこクラブ」などで特集されたキラキラネームが流行し、運勢の良い名前とは、まったく異質の名前が広がってしまっていることです。

名前は、まず、だれが読んでも、素直に読める名前が良いのです。
当て字のような無理矢理読ませる名前は、運勢的に辛いものがあります。

時代の流行のようなものもありますね。
天皇家の婚姻で、美智子さまの名前が流行ったりしましたね。

吉祥名をつけるには、実は非常に厳しいルールがあり、その中から絞り込んで行きます。
出産予定が分かった段階で、そろそろ、名前をつけないといけない時期だと思われた場合、最初は自分たちで考えてつけてみようとトライするケースが多いのですが、すべて吉となる名前を探し出すことは、大海原の海底にある砂から一粒を拾い集めるぐらい難しい側面です。

宝琉館では、その非常に厳しい赤ちゃんの名づけを行ってきています。
ご関心のある方は、
宝琉館
携帯 090-3416-6230)
(固定電話&FAX 092-771-8867)
※携帯電話での予約が確実です。

に直接ご連絡をください。
また「占いのお申し込み」からもネットでのお問い合わせが可能です。

昨今、赤ちゃんの名づけ本が膨大になり、何が良くて何が悪いか、分からない親が多くなっています。
流行に流されるだけの名前は決して吉とはいえません。
姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのがよいでしょう。
宝琉館では、多くのパパさん、ママさんのご相談に答え、開運する名前を授け続けてきています。

また、自分の名前の画数や意味、家運についてなど、姓名判断にご興味のある方は、深川宝琉のホームページ「四柱推命/天地人の運勢鑑定」 の姓名判断のページをご参考にされてください。
福岡の占いの館「宝琉館」にて、館長の深川宝琉が、改名赤ちゃんの名付け夫婦別姓商号・屋号・会社名 の命名など、名前の吉凶について詳しく鑑定いたします。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

【宝琉館:天地人の姓名判断/鑑定項目】

十干配合法による字画・数理診断
三才・五行相剋法による診断
字源・字形・紫微斗数による診断
音韻・読み方による発音診断
人象地象配合干によるその年代の年運診断

姓名判断 は、一人2,000円(姓名判断による相性は500円プラス)。
代金引換による鑑定書印刷送付の場合、送料と印刷代合わせて一人3,000円になっています。

赤ちゃんの名づけ は、初回、3万円。二子目、三子目は2万5千円となります。

改名 は、2万5千円です。

商号・屋号・会社名 の命名。
起業の際などに、会社名や屋号の画数の吉凶、店舗に良い画数、漢字などを含め、お客様の希望に合った命名をいたします。
1件3万円です。

福岡 占いの館
宝琉館
http://houryu-kan.com/


天神店
〒810-0001 福岡市中央区天神3-1-13 浦島ビル601
TEL:092-724-7724

六本松本館
〒810-0044 福岡県福岡市中央区六本松4-9-35-403
TEL:092-771-8867

お問い合わせ・お申し込みはこちら