2020年の運勢アップへ準備の時期到来

カテゴリ

2019年(令和元年)も三週間余り。

 

師走を迎えました。

 

あっという間に2019年も最終盤です。

 

そして、2020年(令和2年)を迎える備えをしていく時です。

 

東京五輪が開催される2020年が一体、自分にとってどんな年になるのか――。

 

開運ポイントはどこにあるのか――。

 

自分のこれからの運命を深く知る絶好の機会です。

 

新たな運命の躍動感や息吹を感じることができる時期に入っていきます。

 

日本人にとっては1年の最終盤を過ごす上で指針となる何らかのライフコンパスを求めるものです。

 

2019年を振り返り、2020年に備える――。

 

今年がどんな年だったか、それぞれの個人レベルでは、いろんなことがあったことでしょう。

 

人には移動運があり、手相を見ても、生年月日を見ても、移動した方が良い人、あまり地元から外に出ずに定着した方が良い人がいます。

 

移動運が強く、駅馬(えきば)のような特殊な星を持っていたり、大いに移動することで開運する人の場合、祐気取り、吉方取りは利用価値ありです。
 

でも、そんな人でも八方塞がりの時期があり、その場合は、素直に動かずにいた方が良いのです。

 

易でも三大難卦(さんだいなんげ)があり、坎為水(かんいすい)や沢水困(たくすいこん)、水山蹇(すいざんけん)の時は、動けば大凶。動いてはいけない時です。

 

しっかり時を待って準備する時も必要です。

 

祐気取りで「近所」といえるのは、自宅から400~500メートルぐらいの距離。祐気取りが可能な距離の最低限であり、それより遠くへ離れることで作用が大きくなり、とくに100キロ、200キロ、300キロと遠くになればなるほど、その効果は大きくなります。

 

鑑定を受けたい場合、福岡占いの館「宝琉館」へご来館ください。

 

申し込みフォームから申し込むか、電話でご依頼下さい。

 

「占いスクール」概要紹介

●占いの基本は、命(めい)、相(そう)、卜(ぼく)。占いの基本は命(めい)、相(そう)、卜(ぼく)。運命学の根幹です。
長年にわたり、香港、中国、台湾を巡り、日本各地の有名デパートで12万人以上を鑑定した深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)が、この度、福岡市内で中国の運命学の基礎である命、相、卜を教える占いスクール「宝琉館」を開講しています。

《講 師》
 運命学スクール「宝琉館」館長 深川 宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)

《場 所》
 福岡県福岡市中央区六本松4-9-35 第二吉川興産ビル403
※地下鉄七隈線六本松駅から徒歩3分。近くにコインパークあり。

福岡 占いの館
宝琉館
http://houryu-kan.com/


天神店
〒810-0001 福岡市中央区天神3-1-13 浦島ビル601
TEL:092-724-7724

六本松本館
〒810-0044 福岡県福岡市中央区六本松4-9-35-403
TEL:092-771-8867

博多マルイ店
〒812-0012 福岡市博多区博多駅中央街9-1 F5 上りエスカレーター前
TEL:070-8504-3345

お問い合わせ・お申し込みはこちら