2021年2月中旬からの運勢を占う「宝琉館」天神店の開運鑑定会

カテゴリ

福岡占いの館「宝琉館」天神店です

二十四節気の立春(りっしゅん=今年は2月3日)が過ぎ、中華圏では2月11日は大晦日。2月12日が春節(旧正月)となります。旧暦(月の動きで見る)で元旦です。中華圏での1年のスタートとなります。

そして2月14日はバレンタインデー。コロナによる緊急事態宣言下でのバレンタインとなります。

相性、仕事運などが気になりますよね。

2021年が一体、どんな年になるのか。

恋愛結婚運、仕事運、金運、健康運、家庭運、相性など、みなさまにとって特別な開運ポイントをズバリ、鑑定していきます。詳細はクリック!

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール も行っています。

一年の運勢のスタートである立春(2月4日)を過ぎました。

福岡占いの館「宝琉館」 には1年のスタートをどう切っていくかを知りたい運の良い方々がたくさんご来館され、熱心に開運ポイントを受けに来られています。

コロナによる試練、困難を克服しながら、ご来館された方々は本当に運が良いですね。

これからが本格的な2021年の運勢を実感できるスタートの時期です。

2月12日の春節(旧正月)をふるさとで過ごそうとする人たちの帰省ラッシュは、今年はコロナによる自粛規制で半減。来年2月開催予定の北京冬季オリンピックも、正常な開催ができるかどうか、非常に微妙な状態です。

本来ならば、ゲルマン民族の大移動ならぬ1年に1回ある「中華民族の大移動」です。

中華圏では本当の新年は春節の時期。


今年は2月11日が大晦日(おおみそか)で、年越しして、正月(2月12日)を迎え、一年のスタートを祝います。

日本でも中華圏でもバレンタインデー(中国語では「情人節」)は異性へモノを上げて愛を伝える日。

日本は女性が男性にチョコをあげる習慣がありますが、中華圏では男性が女性に花を捧げることで愛情を伝えます。

最近は日本でも男性が女性に花を捧げることが密かなブームになりつつあり、花屋はかなり繁盛しているようです。

15年ほど前、私が香港に在住しているころ、尖沙咀(チムサーチョイ)の海岸沿いを歩いていると、バレンタインデー(中国語で情人節)に花束を恋人に恥ずかしそうに捧げている若い男性たちがあちこちにいました。

バレンタインデーが近づくと、香港や中国の花屋は大忙し。

しかも、春節直前の場合、すごい数の花が売れていく。とくにバラの花束が売れますね。

コロナで不景気の香港や中国でも、その光景は変わらないようで、花屋は大忙しですが、売り上げは例年の6割ほどだそうです。

香港の隣りにある中国広東省。深圳や広州にいくと、農民工(出稼ぎ農民)の子供たちが駅前などで花売りをしていました。

バレンタインデー用の花を売るのです。

その姿は痛々しいほどで、マッチ売りの少女を思い出すほどでした。

中華圏ではバレンタインデーは男性が女性に愛を告白するため、花を捧げるのが習慣。

最近は、その現象が日本でも浸透しているようで、バレンタインデー前から当日にかけて、花屋は日本でもかき入れ時で、大忙しだそうです。

花屋さんに尋ねると、男性が妻や恋人に捧げるために購入していることが圧倒的に多いとのこと。

今までの日本のバレンタインの伝統も、徐々に変わってきているようです。

コロナの影響で自分チョコが増え、義理チョコが減りつつあり、時代の変化をバレンタインデーでも感じられる時期ですね。

いずれにしても、異性運を占う重要な時期になるわけですので、それに向けて、恋愛運、異性運(中国語では「桃花運」)をいかにアップさせるかが大切になっていきます。

異性運、モテキ、どんな人が本人にピッタリか、どんな工夫をすると恋愛運がアップできるか、などを直接鑑定でアドバイスされると良いでしょう。

福岡占いの館「宝琉館」では、それぞれの事情に合わせ、恋愛運、結婚運、相性などを深く鑑定していきます。

相性占いの問題解決は、運勢鑑定を行う上で、必ず必要となってきます。

生まれも、育ちも、価値観も、教養も、感性も違う二人が、相性がどれほど合うかどうかを見ていくのは、実は、非常に難しい問題です。

「私たち夫婦の相性を調べて下さい」

「私と彼の相性はどれくらいいいのでしょうか」

「上司との相性はどうでしょう。最近、しかられてばかりで相性が良いとは思えません」

「クラスメイトのAくんとBくんの相性は」「どうしてもA先生と自分の相性が良くないのですが、どうすれば改善できる糸口があるでしょうか」

などなど、相性に関する相談は後を絶ちません。

人間関係は様々です。同性、異性を問わず、年齢の差異を問わず、ギャップは必ずあるものです。

私自身の鑑定の経験から見ると、相性とは、相手に合わせる器の度合いがどれほどあるか、である程度決まっていくと思っています。

それは四柱推命で見ても、気学で見ても、姓名判断で見ても、27宿曜占術で見ても、ある程度、相性の善し悪しは見えるものですが、それが必ずしも、絶対性を持っていないということです。

むしろ、自分と相手の双方をよくよく見比べ、理解し合おうと努力する人は相性は良くなるはずです。

生まれも育ちも価値観も違う異性同士が結婚して同じ屋根の下で生活を共にするとすれば、必ず、多かれ少なかれ、いざこざは起こるものです。そういう中で、相手にいかに合わせる器と努力があるかどうかこそ、健全な人間関係を維持できるコツです。

しかし、人間というもの、自分の考え方、価値観を曲げたくないという強い意志も働くもの。どちらかが折れるしかない状況は避けて通れません。

それが夫婦間であっても、恋人間であっても、会社の人間関係であっても、強弱関係はついて回ります。

相性占いの鑑定でとくに多いのは結婚前の恋人同士の相性。離婚しようかどうしようかと迷っている既婚者の相性。会社での人間関係での相性、親子関係での悩みの相性、などです。

季節の変わり目は運気の変わりでもあります。

直接鑑定を受けたい方は宝琉館へご連絡下さい。

何らかの指針を得るきっかけの一助として下さい。

2021年(令和3年)は一体、どんな年になるのか。本場中国式の運命学で生まれ年の干支(えと)から金運、仕事運、恋愛結婚運、健康運、総合運を見ていきます。

2021年の各干支(えと)生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれとら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ 、年たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれひつじ年(未年)生まれさる年(申年)生まれとり年(酉年)生まれいぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年)生まれをそれぞれ、詳細に紹介しています。

2021年(令和3年)の運勢は一体どうなっているのか――。

ここでは、九星気学で見る2021年(令和3年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています(←クリックしたらリンク先に飛びます)。

福岡占いの館「宝琉館」 では、ベテランの占い師が手相や生年月日を通して、恋活、婚活、結婚後の幸せな家庭生活を運命学の立場からしっかり応援します。

2021年(令和3年)が一体、どういう運命になっていくか。

異性との新たな出会いがあるのか。

どんな異性が本人にとってピッタリの相手か。

どんな点を意識すれば良縁に恵まれるか。

これらの問いにズバリ、お答えしていきます。

関心のある方々は福岡占いの館「宝琉館」 にご来館下さい。

六本松本館(電話090-3416-6230) の場合は事前予約が必要ですが宝琉館天神店(電話092-724-7724) の場合は、予約なしでも対応可です。

転職した方が良いのか、現状のままで耐え抜いた方がよいか。

企業で勤めているサラリーマン、OLは、常に自問自答していることが多いですね。

そんな時、本格的な仕事運を深く本格的に見ることができる鑑定を受けることができれば、方向性が明確になっていきます。

敵を知り、己を知れば百戦危うからず。

本格仕事運鑑定で適職運、就活運、仕事運、転職運を知り、自分の「軸づくり」をして短期決戦の就活成功のセオリーを培っていきましょう。

世界情勢や世界的な経済動向を見ると、現在、世界各国は、どちらかというと、外に向けて膨張・拡大する「陽」の時代ではなく、内へ内へと収縮する「陰」の時代に入っています。つまり、量よりも質を追求する時代。

それは、米国でリーマンショックが起こってハーバード流の経営では限界に達し、新自由主義が破綻したことへの反動でもあります。

むしろ、一人ひとりの内面の充足に重きを置く時代に入っていることを物語っています。

そして、旅についての視点が、単なる観光や美食ではなく、もっと深い心の内省を呼び起こす、あるいは、覚醒させるきっかけになるような方向へ変わってきている予兆でもあります。

福岡占いの館「宝琉館」では、引っ越しに関するあらゆる相談に乗ることができますので、安心してご依頼下さい。

自分の運を上げるために吉方旅行に行きたい場合も、旅行の方位やエリア、その人にとっての開運聖地となるパワースポットを含め、アドバイスしていきます。

引っ越しや吉方旅行について、どのように鑑定を受ければ良いか、以下、まとめておきます。

【引っ越しの鑑定相談(引っ越し先や時期が決まっている場合)】
ダイレクトに引っ越しして良いかどうか、どのようなルートから引っ越しした方が良いかなどをアドバイスしていきます。一人だけの引っ越しの場合と家族など複数人数の場合の引っ越しで鑑定料金が変わります。

【引っ越しの鑑定相談(引っ越し先が未定で希望エリアがある場合)】
引っ越しの希望エリアがあり、いつぐらいに引っ越しすれば良いか、知りたい場合、その時期、タイミングを鑑定していきます。物件候補がある場合、間取り鑑定も行えます。

【引っ越し鑑定(引っ越し候補の物件が複数あり、どの物件に最終決定したいか相談したい場合)】
引っ越し候補となる物件の間取り、立地条件などを総合的に鑑定し、最終候補の引っ越し物件をどれにするか、鑑定していきます。

【自分の運を上げるための開運吉方旅行の開運聖地パワースポット鑑定】
自分の生年月日、名前から家系的な先祖からの土地運を通して本人にピッタリなパワースポット訪問を方位や時期からアドバイスしていきます。

【引っ越し鑑定(引っ越し先が未定で希望エリアはアドバイス通りで良い場合)】
引っ越し先が未定で、鑑定アドバイスに従った方位エリアで良い場合は、その時期やエリアなどをアドバイスしていきます。

関心のある方はお問い合わせ下さい。

電話での問い合わせ、ご依頼は

天神店 092-724-7724 六本松本館 092-771-8867

博多マルイ店 070-8504-3345

ネットでの問い合わせ・申し込み

福岡占いの館「宝琉館」は、お客様とスタッフの健康と安全を第一に考え、新型コロナウイルス予防対策実施中です。

■手洗い・消毒(手洗い・アルコール消毒の徹底をしています)

■定期的な換気(数時間ごとに換気を行い、空気を入れ換えています)

■マスクの着用(お客様とスタッフの健康と安全を考慮し、大切なメッセージを言葉で説明する必要がある時も予防のためにマスクを着用しています)

ご来館のお客様におかれましては、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いします。

【各曜日の開運担当先生】

2月14日(日) 深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)先生 五行禮子(ごぎょう・のりこ)先生

2月15日(月) 深川宝琉(ふかがわ・ほうりゅう)先生 長谷川大記(はせがわ・たいき)先生

2月16日(火) 吉方位妹甫(きっぽうい・まいほ)先生 五行禮子(ごぎょう・のりこ)先生

2月17日(水) 吉方位妹甫(きっぽうい・まいほ)先生

2月18日(木) 徳永蓉子(とくなが・ようこ)先生 五行禮子(ごぎょう・のりこ)先生

2月19日(金) 徳永蓉子(とくなが・ようこ)先生

2月20日(土) 吉方位妹甫(きっぽうい・まいほ)先生 鎌田一花(かまた・いちか)先生

【占いスクールも開講しています!】

基礎から占いを学びたい方は週1回程度から月2回ぐらいのペースで占いの基礎から実占までを学ぶことができます。

関心のある方は宝琉館のホームページにある占いスクールのページをご一読下さい。

関心のある方、通学したい方はお問い合わせ下さい。

【2021年2月からの本格的な福岡・天神店での開運鑑定会】

福岡占いの館「宝琉館」天神店では、2021年の本格的な運勢(恋愛、結婚、仕事、引っ越し、人事異動などの運勢)を見る開運鑑定会を行っています。天神店で対応できない場合、六本松本館にご来館下さい。

宝琉館六本松本館(ネットや電話で要予約)で、その人にとっての開運ポイントを恋愛結婚運、仕事運、転職運、人間関係、相性などの観点から分かりやすく鑑定していきます。

鑑定内容は以下(申し込み予約から予約すると鑑定までスムーズです)。

★自分の適職が何か知りたい。(自分の天命を知りたい)
☆いま、就職している会社に勤務し続けた方がよいか。
★転職に最適な時期はいつぐらいか。(第二の人生スタートの時期を知りたい)
☆恋愛結婚の時期を知りたい(良縁に恵まれる時期と理想の異性を知りたい)。
★同性、異性との相性を知りたい。(異性との相性詳細や人間関係を知りたい)
☆引っ越しの時期と方位を知りたい。(吉方鑑定)
★吉方位旅行や引っ越しの方位を知りたい。(パワースポットを含め、吉方旅行や引っ越しで開運したい)

福岡占いの館「宝琉館」天神店では、その人にとっての開運ポイントを恋愛結婚運、仕事運、転職運、人間関係、相性などの観点から分かりやすくオンライン鑑定しています。

新型コロナウイルスへの衛生対策をしっかり整え、元気に過ごしていきましょう。

最近、赤ちゃんの名づけだけでなく、改名を依頼されるケースが多く、一つ一つ丁寧に行っているところです。名前の吉凶について、総合的に知りたいというご相談も増えています。

赤ちゃんの名づけ命名については、出産予定日から1~3ヶ月前にご相談される方が増え、直前や出産後のご相談は未だにありますが、夫婦で名前を考える時間が大切だということを知って、減りつつあります。

男の子か女の子か、まだわからない時期にご相談に来られる場合もありますが、ある程度、性別がわかった段階で、もう一度来ていただくことが多いです。

それぞれの苗字に対して、男の子、女の子で完璧に良い名前は違います。

ですから、性別がわかった段階で最高の吉祥名を授けることになります。

事前に当方にご相談される方が多くなり、より素晴らしい宝名を付けるチャンスをいただく方々が増えました。

名前は凶名よりも吉祥名を使うのに越したことはありません。

「吉祥名の子どもは、なぜか不思議と、スムーズに育ち、育てるのに苦労することがないですね」と感想を語るのは、小中学生を見ている書道の先生たち。

さすがに、書道で本人の名前が出ますので、画数を意識して見てしまうそうです。

すると、姓名判断での五画(天画、人画、地画、外画、総画)が吉祥数の子どもは、なぜか、何の問題もなく、高校進学、大学進学、就職がうまくいっているそうです。

「姓名の神秘って本当にありますね」とのこと。

新聞の社会面で登場する人々はいろいろです。社会的に評価される人、いろんな被害の犠牲になる人、多種多様ですが、なぜか、犠牲になりやすい人は人画部分が凶数が多いですね。逆に社会的に評価される人は人画が吉祥数が多い。

これも、やはり、姓名には吉凶があることに気づかされる部分でしょう。

中国や香港、台湾の姓名判断の流派を見る限り、日本の姓名判断の源流がこれらの流派から来ているといってもいいでしょう。

赤ちゃんの名づけについては、姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのが良いでしょう。

「良名は億万の富に優る。身は一代、名は末代」という言葉もある通り、姓名はとても大切です。

ちゃんの名づけは、初回、3万円。二子目、三子目は2万5千円となります。大人の改名は3万円です(税別)。

 

福岡占いの館「宝琉館」では、こちらで最終候補を絞り込み、最終候補の中から親がどれにするか、決めていく方法を取っています。

業の際の商号・屋号・会社名の命名。

 

会社名や屋号の画数の吉凶、店舗に良い画数、漢字などを含め、お客様の希望に合った命名をいたします。1件3万円(税別)です。

関心のある方はお問い合わせ下さい。

電話での問い合わせ、ご依頼は

天神店 092-724-7724 六本松本館 092-771-8867

ネットでの問い合わせ・申し込み

福岡 占いの館
宝琉館
http://houryu-kan.com/


天神店
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神3丁目1−13 浦島ビル 6階 601
TEL:092-724-7724

六本松本館
〒810-0044 福岡県福岡市中央区六本松4丁目9−35 第二吉川興産ビル403
TEL:092-771-8867

博多マルイ店
〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街 9番1号 5階 上りエスカレーター前
TEL:070-8504-3345

お問い合わせ・お申し込みはこちら